「スマートカブリオ」パワーアップ

2002.10.03 自動車ニュース

「スマートカブリオ」パワーアップ

ダイムラークライスラー日本は、2シーターオープン「スマートカブリオ」の一部を改良し、2002年9月30日に発売した。

エンジンの最高出力が6psアップし61ps/5250rpm、燃料容量は50%拡大し33リッターとなった。これで、一足先に8月に改良を受けた、屋根あり「スマートクーペ」と同じになった。

ボディ色は、5色のニューカラーが加わり全9種類に。車内には、白いメーターパネルを採用しスポーティ感を出したという。また車外からキースイッチでルーフを開けられる「リモートコントロール・ルーフオープナー」を標準で装備した。本革シート、シートヒーターは、7.0万円でオプション設定される。

価格は5.0万円値上げされ、170.0万円。クーペの33.0万円高。

(webCG 有吉)

「スマート」:
http://www.smart-j.com/

 
「スマートカブリオ」パワーアップの画像

関連キーワード:
フォーツーカブリオスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記 第3世代となる現行型のスマートに、ターボエンジン搭載モデルが登場。その走りは、先行デビューした自然吸気モデルとどう違うのか。2シーターオープンと4シーター、それぞれの持ち味をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.13 試乗記 「スマート・フォーツー」に限定モデル「カブリオ ターボ リミテッド」が登場。90psと13.8kgmを発生する0.9リッター直3ターボエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて3代目となる現行型スマートのドライブフィールを確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • ケータハムからよりスポーティーな限定モデル「セブン スーパースプリント」登場 2017.11.22 自動車ニュース