「スマートカブリオ」パワーアップ

2002.10.03 自動車ニュース

「スマートカブリオ」パワーアップ

ダイムラークライスラー日本は、2シーターオープン「スマートカブリオ」の一部を改良し、2002年9月30日に発売した。

エンジンの最高出力が6psアップし61ps/5250rpm、燃料容量は50%拡大し33リッターとなった。これで、一足先に8月に改良を受けた、屋根あり「スマートクーペ」と同じになった。

ボディ色は、5色のニューカラーが加わり全9種類に。車内には、白いメーターパネルを採用しスポーティ感を出したという。また車外からキースイッチでルーフを開けられる「リモートコントロール・ルーフオープナー」を標準で装備した。本革シート、シートヒーターは、7.0万円でオプション設定される。

価格は5.0万円値上げされ、170.0万円。クーペの33.0万円高。

(webCG 有吉)

「スマート」:
http://www.smart-j.com/

 
「スマートカブリオ」パワーアップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーカブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る