アウディ新型「A8」ワールドプレミア【パリサロン02】

2002.10.02 自動車ニュース

【パリサロン2002】アウディ新型「A8」ワールドプレミア

2002年9月26日に開幕した「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」。自動車ジャーナリストの河村康彦が、フルモデルチェンジされたアウディのフラッグシップ「A8」をレポートする。

アウディ・ブースの目玉は、フルモデルチェンジされた旗艦モデル「A8」だ。最大の特徴であるオールアルミ製ボディ「ASF(アウディ・スペース・フレーム)」は、押し出し材を多用した第3世代へと進化。全長5mを越えるボディに、4.2リッターV8エンジン、4WD「クワトロシステム」を搭載しても、重量は1.8トンを下まわる軽さ。アルミボディの面目躍如といったところだ。

当面エンジンは、4.2リッターと3.7リッターのV8ガソリンが2種類。今後はディーゼルユニットを加えそのバリエーションの拡大を図るであろうことは想像に難くない。なお駆動システムは、従来型とは異なりクワトロのみの設定となる。

サスペンションも技術的ハイライトのひとつ。ニューA8に採用された「アダプティブ・エアサスペンション」は、走行状況に応じ、4輪のダンパー機能内蔵エアスプリングを自在に調整するもの。アクスル上の4つのセンサーと3つの加速度センサーでデータを採取し、セントラル・コントロール・ユニットで演算。乗り心地と運動性能のハイレベルな両立が謳われる。
また様々なモードを選択することも可能。120mmの最低地上高を常にキープする「オートマチック」、それよりも20mmローダウン化しスポーティな走りに対応する「ダイナミック」、低速でのソフトな乗り味を狙った「コンフォート」、悪路走破性を高めた「リフト」を選べる。

(河村康彦)

 
アウディ新型「A8」ワールドプレミア【パリサロン02】の画像

関連キーワード:
A8アウディパリモーターショー2002イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA8L 55 TFSIクワトロ/A8L 60 TFSIクワトロ【海外試乗記】 2017.11.7 試乗記 第4世代に進化したアウディのフラッグシップセダン「A8」。その内容は、量産車としては初となるレベル3の自動運転システムを導入するなど、まさにブランドスローガンの“技術による先進”を体現するものとなっている。スペイン・バレンシアで試乗した。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
ホームへ戻る