【スペック】全長×全幅×全高=3895×1695×1235mm/ホイールベース=2450mm/車重=990kg/駆動方式=MR/1.8リッター直4DOHC16バルブ(140ps/6400rpm、17.4kgm/4400rpm)/車両本体価格=210.5万円(テスト車=219.8万円)

トヨタ・MR-S Sエディション(シーケンシャル6MT)【ブリーフテスト】

トヨタ・MR-S Sエディション(シーケンシャル6MT) 2002.10.01 試乗記 ……219.8万円総合評価……★★★★★

大事に育て中

「MR2」の後を受け継いでデビューした「MR-S」が、丸2年を経てマイナーチェンジを受けた。フロントバンパー・デザインの変更など一部に化粧直しが施されたものの、見た目の基本的な印象は従来と同じ。一方で、トランスミッションを6段化、リアタイヤを「大径&ワイド化」するなど、もともと非凡だった走りの「ポテンシャル&質感」を、より一層高める工夫がなされた。セリカと基本コンポーネンツを共有するモデルであるが、同じ1.8リッターながら、向こうには存在する190psのハイパワー版ユニット(2ZZ-GE型)の搭載は、今回もなされなかった。エンジンのハイパワー化に邁進したため、結局はシャシーとのバランスを崩すことになってしまった前モデル「MR2」で学んだ教訓が活きているのだろう。個人的にも、190psユニットのMR-Sへの搭載を見送ったのは、「このクルマを大事に育てていきたい」というトヨタの見識であると評価したい。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)MR2の後を継いで、1999年10月12日に登場した2座オープン。ミドに積まれるエンジンは、1.8リッターの「1ZZ-FE」ユニット(140ps)のみ。トランスミッションは、通常のHゲイトかシーケンシャル(2ペダル)、2種類の5MTが選べた。2002年8月2日にマイナーチェンジを受け、ギアボックスが5段から6段になり、リアタイヤのサイズが「205/50R15」から「215/45R16」にアップされた。
(グレード概要)
ベースとなるのは、「MR-S」。パワーウィンドウ、エアコン、オーディオ類などを省略した素のクルマ「Bエディション」、アルミペダル、リモコンキー、ラジオ連動オートアンテナなどを装備する売れスジ「Sエディション」、そして革内装の豪華版「Vエディション」がラインナップされる。ソフトトップの色が「タン」になるのはVエディションのみ。ほかのグレードは「ブラック」だ。

 

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
メーターや空調パネルの目盛りが細分化されたり、ドアグリップにメッキのアクセサリーが加えられたりしたが、マイナーチェンジによるインテリアのリファインは最小レベル。注目したいのは、シーケンシャル車のブレーキペダルだ。従来の小型タイプから、新型ではAT車ばりの大型タイプへと変えられたのだ。「坂道発進などでの利便性を考えて……」というのがトヨタの公式コメントだが、ぼくは従来型で否定していた“左足ブレーキ”も視野に入れた変更と受け取っている。もっとも、取扱い説明書で「ブレーキは右足で」と指示しているのは、従来通り。
(前席)……★★★
いわゆるハイバック・タイプで、いかにもスポーティな見た目が特徴。ただ、オープンモデルでありながら、ヒーター付きシートが用意されないのはちょっと寂しい。今は軽スポーツの「ダイハツ・コペン」にすら、オプション設定されるというのに……。
テスト車の「Sエディション」は、シートカラーとして「黒」を標準とし、「赤」「グレー」も選択可能。ちなみに、MR-Sの豪華版「Vエディション」には、レザーならではの香りを発散させる本革シートが標準で装備される。
(荷室)……★
MR-Sの荷物用スペースは、事実上、シート後方に用意された鍵付きリッド付きの「ラゲッジスペース」のみ。フロントのフードを開くと、そこにはステアリング・ギアボックスやらブレーキ配管やらが収まり、それらを通して地面が丸見え。ちょっと驚く。オプション設定で「フロントラゲージボックス」や「フロントラゲージトレイ」もあるが、いずれにせよ、もともとスペアタイヤが鎮座しているので、たいしたものを積むことはできない。

 

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
新しいMR-Sの走りは痛快そのものだ。何より、新たに採用された6段トランスミッションが、絶大な効果を発揮している。通常のH型ゲートとシーケンシャル仕様があるが、絶対のオススメは後者。ステアリングスイッチを“クリック”するだけで瞬時に変速が終了してしまうこのメカは、6段MTと組み合わされて、さらにメリットを発揮するようになった。通常のゲート式と異なり、前後に順番にギアを変えていくシーケンシャル方式では「1→3」、あるいは「4→2」といった“飛ばし”のシフトができないと思われるかもしれないが、さにあらず。MR-Sのシステムは、“ダブルクリック”や“トリプルクリック”を問題なく受け付けてくれる。電子制御スロットルによるエンジンの回転合わせも抜群の上手さ。現在、世界の同種のシステムのなかでは最先端をいっている、と絶賛したい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
MR-Sのフットワークは、「ミドシップ」らしい機敏さと「ロングホイールベース」による安定感が同居する。サスペンションの動きは微少ストローク域から滑らかで、全般的な乗り心地も従来型から大きくレベルアップされた感を受ける。
ボディ剛性感は、さすがにもともとオープンカーとして開発されたものらしく高い。それでも「ホンダS2000」や「ポルシェ・ボクスター」といった世界最高峰のモデルと比べると、わずかにダウン。これが「★ひとつマイナス」の要因となった。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2002年9月12日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:−−
タイヤ:(前)185/55R15 81V(後)215/45R16 86W
オプション装備:ヘリカルLSD(3.0万円)/MD・CD付きラジオ+4スピーカー(6.3万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(8):山岳路(2)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:−−

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MR-Sの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ MR-S V EDITION FINAL VERSION(MR/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】 2007.6.22 試乗記 ……244万6305円
    総合評価……★★★★

    発売から7年を経て、生産終了まで秒読みとなった「MR-S」。トヨタのラインナップ中最後のスポーツカーにして、最後の特別限定モデルを峠で試した。
  • トヨタ・MR-S Sエディション(シーケンシャル6MT)【ブリーフテスト】 2002.10.1 試乗記 ……219.8万円
    総合評価……★★★★★




  • トヨタMR-S Vエディション(5MT)【ブリーフテスト】 2000.9.4 試乗記 ……226.8万円
    総合評価……★★★




  • トヨタのロードスター「MR-S」に乗る 1999.10.21 自動車ニュース アオダンこと、NAVI編集部青木禎之記者による「MR-S」の試乗インプレッション。10月12日、トヨタのミドシップ2シーター、「MR-S」の販売が開始された。トヨタがその後継ではない、と主張する「MR2」とあえて比較すると、“走り”に振られた「MR2」より、極めてカジュアルで、ライトなスポーツカーとなった。峠好きにだけでなく、より一般的なクルマ好きに開け放たれたモデルなのである。2450mmというロングホイールベースにより、直進安定性を確保する一方、前後のオーバーハングを切りつめ、徹底した軽量化を施した結果、キビキビしたハンドリングを獲得したという。車重はベーシックモデルで、わずか960kg。しつこいが「MR2」より400kg以上も軽い!で、この「MR-S」に10月18日にハコネで試乗した。写真では平板に見える「MR-S」だが、実車は抑揚があって、ズッと魅力的。小柄で、ギョロ目が愛らしい。ただ、フェラーリ・ディーノもどき(失礼!)から、ポルシェ・ボクスターもどき(再び失礼!)になった、とのそしりはまぬがれまい。着座位置は低く、ハンドルが大きく、クラッチはのれんのように踏み応えがない。が、走り出すと、これがイイんだ! 軽快で、ハンドリングがよくて、限界が低くて(?)、ホント、手のうちに入っているよう。リアは簡単にスライドするが、さらに攻めてもフロントが外に逃げる設定なので、安心感が高い。ミドシップのピリピリした緊張感を望むむきには、ちょっと拍子抜けか。セリカの非力バージョンと同じ1.8リッター「1ZZ-FE」ユニットは、可変バルブタイミング機構を備え、必要充分な140PS/6400rpmの最高出力と、17.4kgm/4400rpmの最大トルクを発生するものの、際立った個性はない。ギアボックスは、当面、5段MTのみ。「MR-S」は、マツダ・ロードスターから“走り”に対する執念を抜いた(ように見える)クルマである。名実ともに軽い。168.0〜198.0万円と、価格もマツダ・ロードスターといい勝負。ミドシップという難しいレイアウトを万人向けに上手にセッティングしているから、(機械的には)そのまま乗るのが一番。エンジンのパワーアップにも、足まわりを固めることにも、インチアップにさえ興味がない人向きだ。気楽に乗りたい。(NAVI編集部アオキ) トヨタ自動車「MR-S」サイト:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Mr-s/index.html
  • 鈴木亜久里、トヨタ「MR-S」に乗る 2000.1.19 自動車ニュース NAVI 3月号の「鈴木亜久里の全部書いてね」では、「トヨタMR-S」と「マツダ・ロードスター」を取り上げます。絶賛に近いかたちで巷の評判を高めているトヨタ「MR-S」。われらが鈴木亜久里も、同様の評価を与えた。それも、乗ってすぐに、だ。いいクルマというのは乗ってすぐにわかるものらしい。亜久里が「MR-S」のハンドルを握って動き出し、1分もたたないうちに「おっ、いいじゃない。身のこなしが軽くて」という、うれしい驚き。スポーツカーはキビキビと身軽なことが肝心なんだよ、というのがこれまでの亜久里のスポーツカー観だった。だから、ポルシェ・ボクスターを心からスポーツカーと呼べなかったのも、そこに理由があった。「これだよ、これ。スポーツカーは、こうじゃなきゃ。すっごく軽くて、キビキビしている。ええっ、ホントにこれトヨタのスポーツカーなの。わかってるじゃない。このクルマはマルだよ」青山の亜久里の自宅から首都高速道路池尻入り口に入るまでに、亜久里の驚きは確信に変わっていった。「乗り心地とか、ハンドリングもいいじゃん。決してソフトじゃないんだけど、不快でもない。僕が若かったら、すぐ買ってたね」幌が画期的な使いやすさを持っていたり、トヨタ以外のメーカーでは決して実現できなかったであろう値段などを知っていくにつれ、亜久里はどんどん「MR-S」に魅せられていった。「エンジンもよく吹き上がるし、普通に走るのにはどこにも弱点がない。このクルマを作った人にぜひ会って話がしたいね」東名高速をしばらく走って、比較対照のためのマツダ・ロードスターに乗り換える。「MR-Sと比べちゃうと、あらゆる動きが重ったるい。クルマの重量じゃなくって、動きが重いんだ。でも、エンジンはこっちの方がトルクはあるね。あと、古いね。デザイン的にレトロにしているのかもしれないけど、インテリアの雰囲気なんか、なんか古い」マツダ・ロードスターは、エンジン排気量が同じ1.8リッターのモデル。1.6リッターもあるのが「MR-S」と違うところだ。マツダ・ロードスターの1.8リッターは6段マニュアル・トランスミッションを装備している。今のところ、「MR-S」の排気量とトランスミッションは、1.8リッターと5段マニュアルだけだ。箱根ターンパイクで2台を乗り比べてみた。「MR-Sは、タイトコーナーでアンダーステアが出る。これを出なくすることは可能なんだけど、そうするとスピンしやすくなるんだよ」しかし、それを差し引いても「MR-S」の素性はホンモノだった。「ホントいいわ。ワインディングだと本領発揮」2台を乗り比べながら、芦ノ湖スカイラインを行く。「ロードスターのいいところは、トランスミッションのタッチ。ストロークが短くてスコスコ入る。これは、シフトレバーからの距離が違うからしょうがないんだけどね」エンジンとトランスミッションをドライバーの後ろに搭載する「MR-S」は、シフトレバーからの距離が長くなるから操作感覚が不如意になるのもいたしかたない。対して、マツダ・ロードスターはエンジンとトランスミッションをドライバーの目前のボンネット内に収めているから、シフトレバーにごく近いのだ。だから、小気味よくシフトできる。「両方の違いがわかったよ。ロール軸の近くに座っているのがMR-Sで、それより遠くに座っているのがロードスター。だから、MR-Sはキビキビと身軽に走るけれど、ロードスターはモッサリしている。でも、それはMR-Sと比べてのハナシであって、ロードスターもいいスポーツカーだってことには違いないんだよ」(文=金子浩久)
ホームへ戻る