日産「シーマ」に新グレード

2002.10.01 自動車ニュース
 

日産「シーマ」に新グレード

日産自動車は、「シーマ」の3リッターモデルを改良、スポーティな新グレードを追加設定し、2002年9月27日に販売を開始した。

 

今回の改良では、4.5リッターV8モデルに装備されたマルチプロジェクターキセノンヘッドランプ、ヘッドランプレベライザーを、3リッターV6搭載「300G」にも拡大設定。夜間走行時の視認性の向上を図った。価格は499.0万円。

新グレード「300Gグランドツーリング」は、スポーツチューンドサスペンション、245/45R18タイヤ、18インチアルミホイールを装着したスポーティバージョン。車内には、ディンプル付き本革ステアリングホイール/シフトノブ、ブラック本革シート(パンチング表皮)、黒本木目フィニッシャーなどを配した。516.0万円(価格は東京・名古屋・大阪地区のもの)。

(webCG 有吉)

 

日産自動車「シーマ」:
http://www.nissan.co.jp/CIMA/F50/0205/FLASH/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
ホームへ戻る