【スペック】全長×全幅×全高=4565×1760×1480mm/ホイールベース=2680mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/5600rpm、25.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=249.0万円

日産プリメーラ 25X 【試乗記】

次元が違う 2002.09.27 試乗記 日産プリメーラ 25X

ちょっと奇抜な衣を纏い、2001年1月にデビューした3世代目プリメーラに、小林彰太郎が試乗した。
会員コンテンツ「Contributions」より再録。

かなり冒険的

まず「25X」セダンから試す。SUVやワンボックス大流行の波に押されて、本来の3ボックス・ファミリーセダンは衰退の一途をたどっているが、新型プリメーラは、この傾向に歯止めをかけるかも知れない。外形、インテリアともにそのスタイリングは充分に先進的かつ魅力的で、強豪ひしめくヨーロッパ市場でも、堂々と自己主張するだろう。

ダッシュ周りの設計はかなり冒険的だが、よく考えられており、慣れれば使い勝手は良い。計器類はセンターの奥に置かれており、ドライバー直前のダッシュボードにはなにもない。
たまたま試乗した車のこの部分は明るいベージュ色だったが。これは眼に眩しいので、買うならもっと暗い色を注文すべきである。



日産プリメーラ 25X 【短評】


日産プリメーラ 25X 【短評】

国際的レベル

2.5リッターエンジンは、比較的大きな4気筒としては例外的にスムーズかつ静粛だ。最新のハイパーCVTは非常に賢明で、ドライバーの意思をすばやく感知し、状況に対して最適な変速比を瞬時に選ぶ。25Xに標準装備のCVTでは、1から6までの変速比をティプトロニック式に手動選択できる。全般的にハイギアードなので、これは箱根ターンパイクのような長い上りを活発に登坂するとき重宝する。

ハンドリングと乗り心地は、国際的にもきわめて高いレベルで両立している。乗り心地が絶対的に硬すぎた初代プリメーラ、その反省から操縦性まで鈍化してしまった先代とはまるで次元が違う。

セダンまさり

ワゴンは2リッターの「20L」に乗った。ドライバー独りだから、パワー的にはこれでも充分で、ターンパイクを80-100を保って楽に上った。マニュアル操作はないので、Dをキープするほかないが、スロットルをコーナー手前で緩めても、やたらにアップシフトする恐れはないし、下り坂でもエンジン・ブレーキが確実に効く。
シャシーの基本性能は、セダンに勝るとも劣らない。むしろこの方が安定感があると思った。しかも、タイア(ダンロップ・スポーツ)はさきのセダンより1ランク下の205/60R16なのである。

外形デザインは、セダンよりもいっそう美しいと個人的には思うくらいだ。ちょっと誉めすぎたかな?

(文=小林彰太郎/写真=河野敦樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る