ダイムラークライスラー「マイバッハ57」【パリサロン02】

2002.09.27 自動車ニュース
 
【パリサロン2002】ダイムラークライスラー「マイバッハ57」

【パリサロン2002】ダイムラークライスラー「マイバッハ57」

「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」が、2002年9月26日のプレスディで幕を開けた。自動車ジャーナリストの河村康彦が、現地から話題のモデルをレポートする。


【写真上】「マイバッハ57」
【写真下】5.5リッターV12ツインターボエンジン
 
【パリサロン2002】ダイムラークライスラー「マイバッハ57」

■コンパクト版、マイバッハ

2002年7月にニューヨークでお披露目された「マイバッハ62」に続き、パリサロンでは「マイバッハ57」が発表された。モデル名の数字は、全長を表したもの。すなわち、マイバッハ62の全長は6.17m、57の全長は5.73mである。

コンパクト化された57ではあるが、威風堂々としたたたずまいに変わりはない。内外装は最高のクオリティでつくりこまれ、ボディカラーは17種、インテリアはグランドナッパレザー6色に、手作りウッド3種類の組み合わせが可能。個人の要求に応えるオプションも、20点以上が用意されるという。1日の生産台数がたったの5台という、通常の量産車では考えられない余裕あるペースでつくられるクルマだけに、ほとんどオーダーメイド感覚だ。

搭載されるエンジンは、新開発の5.5リッターV12ツインターボ。最高出力550ps、最大トルクは91.8kgmと記される。57が100km/hまで到達するまで、わずか5.4秒しかかからないという。
メルセデスベンツ各モデルに投入されたテクノロジーがフル搭載されるのはいうまでもない。バイワイヤー方式の「センソトロニックブレーキ」(SBC)や、電子制御エアサスペンション、大型のウィンドウバッグ4個を含む10個のエアバッグなどが標準装備される。

(河村康彦)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 特別な「メルセデスAMG SLC43」の受注がスタート 2017.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、特別仕様車「メルセデスAMG SLC43 RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る