BMW「Z4」【パリサロン02】

2002.09.27 自動車ニュース
 
【パリサロン2002】BMW「Z4」

【パリサロン2002】BMW「Z4」

「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」が、2002年9月26日のプレスディで幕を開けた。
自動車ジャーナリストの河村康彦が、現地から話題のモデルをレポートする。



 
【パリサロン2002】BMW「Z4」

■個性的なルックス・・・BMW「Z4」

すでに写真発表されていたBMWの新型オープン2シーター「Z4」が、パリサロンでついにその姿を現した。
と言っても、実は筆者はその姿を日本国内で目にしていた。あれは夏休み真っ盛りの混雑激しい東名高速道路上。エンブレム類こそカバーしていたものの、大胆にも裸の状態で走行するZ4の姿を、2度も目撃していたのだ。ちなみにそのうち一度は、何と次期「5シリーズ」とおぼしき4ドアモデルとのランデブー走行だった(さすがにこちらは樹脂製と思われるパネルでフル擬装をしていた)。

間近でじっくりと見るZ4は、何とも個性的。「Z3」のアピアランスが少々インパクトに欠けていたという反省を踏まえてか、Z4のルックスは、一度目にすると強烈にまぶたに焼きついて離れない類のものだ。
ボディ各部のデザインは、ひとことで言うとかなり“エグい”。ひとによっては“ガンダムチック”に映るかも知れない。Z3以上に好き嫌いがハッキリと分かれるクルマであろう。
全長はおよそ4.1mと比較的コンパクト。ホイールベースは2495mmだ。長めのフロントノーズが、BMWジマンの直6エンジン搭載であることを示しているかのよう。2つのシートは、後輪の直前に低く据えられている。

エンジンは、2.5リッターと3リッターの直6。トランスミッションは前者が5段、後者は6段のMT。6段仕様には、パドル付きの2ペダルMT「SMG」がオプション設定される。

(河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Z4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る