フォルクスワーゲン「トゥアレグ」【パリサロン02】

2002.09.27 自動車ニュース
 
【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」が、2002年9月26日のプレスディで幕を開けた。
自動車ジャーナリストの河村康彦が、現地から話題のモデルをレポートする。



 
【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

■フォルクスワーゲン初の大型SUV

アメリカ市場を念頭に開発されたフォルクスワーゲン(VW)初の大型SUV「トゥアレグ」。実はこのクルマ、ポルシェ「カイエン」とある種の“血縁関係”にある1台。デザインや搭載されるエンジンは全く異なる両車だが、電子制御トルクスプリット式の4WDシステムをはじめとする、シャシーの基本部分を共有しているのだ。

最新の「パサート」や、高級サルーン「フェートン」をイメージさせるフロントマスクを与えられたトゥアレグ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4754×1928×1726mmで、カイエンと幅は同じながら、28mm短く、27mm高い。
エンジンは、3.2リッターの挟角15度のV6ガソリンユニットと、わずか2000rpmで76.5kgmの強大なトルクを発生させるという、4.9リッター(!)ツインターボ(!!)V10ディーゼルユニット(!!!)の2本立てでスタートする。今後は、2.5リッター5気筒ディーゼルや、4.2リッターV8ガソリンバージョンも追加予定とのこと。組み合わされるトランスミッションは6段MT、もしくは6段ATだ。

サスペンションは、メカニカル仕様とエア仕様の2種類。デビュー時には、V6ガソリンモデルに前者が、V10ディーゼルモデルに後者が与えられる。「CDC」と呼ばれるエアサス仕様は、4個のハイトセンサーが常にボディとアクスル間の距離を測定し、変位を感知するとただちにエアスプリング内の圧力を変化させて、最適な姿勢を維持するというもの。今回発表された両仕様の最高速度は、V10ディーゼルモデルが225km/h、V6ガソリンモデルは201km/hとされている。

(河村康彦)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る