フォルクスワーゲン「トゥアレグ」【パリサロン02】

2002.09.27 自動車ニュース
 
【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」が、2002年9月26日のプレスディで幕を開けた。
自動車ジャーナリストの河村康彦が、現地から話題のモデルをレポートする。



 
【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

■フォルクスワーゲン初の大型SUV

アメリカ市場を念頭に開発されたフォルクスワーゲン(VW)初の大型SUV「トゥアレグ」。実はこのクルマ、ポルシェ「カイエン」とある種の“血縁関係”にある1台。デザインや搭載されるエンジンは全く異なる両車だが、電子制御トルクスプリット式の4WDシステムをはじめとする、シャシーの基本部分を共有しているのだ。

最新の「パサート」や、高級サルーン「フェートン」をイメージさせるフロントマスクを与えられたトゥアレグ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4754×1928×1726mmで、カイエンと幅は同じながら、28mm短く、27mm高い。
エンジンは、3.2リッターの挟角15度のV6ガソリンユニットと、わずか2000rpmで76.5kgmの強大なトルクを発生させるという、4.9リッター(!)ツインターボ(!!)V10ディーゼルユニット(!!!)の2本立てでスタートする。今後は、2.5リッター5気筒ディーゼルや、4.2リッターV8ガソリンバージョンも追加予定とのこと。組み合わされるトランスミッションは6段MT、もしくは6段ATだ。

サスペンションは、メカニカル仕様とエア仕様の2種類。デビュー時には、V6ガソリンモデルに前者が、V10ディーゼルモデルに後者が与えられる。「CDC」と呼ばれるエアサス仕様は、4個のハイトセンサーが常にボディとアクスル間の距離を測定し、変位を感知するとただちにエアスプリング内の圧力を変化させて、最適な姿勢を維持するというもの。今回発表された両仕様の最高速度は、V10ディーゼルモデルが225km/h、V6ガソリンモデルは201km/hとされている。

(河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥアレグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る