フォルクスワーゲン「トゥアレグ」【パリサロン02】

2002.09.27 自動車ニュース
 
【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」が、2002年9月26日のプレスディで幕を開けた。
自動車ジャーナリストの河村康彦が、現地から話題のモデルをレポートする。



 
【パリサロン2002】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」

■フォルクスワーゲン初の大型SUV

アメリカ市場を念頭に開発されたフォルクスワーゲン(VW)初の大型SUV「トゥアレグ」。実はこのクルマ、ポルシェ「カイエン」とある種の“血縁関係”にある1台。デザインや搭載されるエンジンは全く異なる両車だが、電子制御トルクスプリット式の4WDシステムをはじめとする、シャシーの基本部分を共有しているのだ。

最新の「パサート」や、高級サルーン「フェートン」をイメージさせるフロントマスクを与えられたトゥアレグ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4754×1928×1726mmで、カイエンと幅は同じながら、28mm短く、27mm高い。
エンジンは、3.2リッターの挟角15度のV6ガソリンユニットと、わずか2000rpmで76.5kgmの強大なトルクを発生させるという、4.9リッター(!)ツインターボ(!!)V10ディーゼルユニット(!!!)の2本立てでスタートする。今後は、2.5リッター5気筒ディーゼルや、4.2リッターV8ガソリンバージョンも追加予定とのこと。組み合わされるトランスミッションは6段MT、もしくは6段ATだ。

サスペンションは、メカニカル仕様とエア仕様の2種類。デビュー時には、V6ガソリンモデルに前者が、V10ディーゼルモデルに後者が与えられる。「CDC」と呼ばれるエアサス仕様は、4個のハイトセンサーが常にボディとアクスル間の距離を測定し、変位を感知するとただちにエアスプリング内の圧力を変化させて、最適な姿勢を維持するというもの。今回発表された両仕様の最高速度は、V10ディーゼルモデルが225km/h、V6ガソリンモデルは201km/hとされている。

(河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥアレグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン 2017.3.7 画像・写真 独フォルクスワーゲンは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型5ドアハッチバック車「アルテオン」を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る