MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」【パリサロン02】

2002.09.27 自動車ニュース
 
【パリサロン2002】MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」

【パリサロン2002】スマート「ロードスター」&「ロードスタークーペ」

「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」が、2002年9月26日のプレスディで幕を開けた。自動車ジャーナリストの河村康彦が、現地から話題のモデルをレポートする。


【写真上下】 「スマート・ロードスター」
 
【パリサロン2002】MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」

■パワー・トゥ・ウェイト・レシオ、10kg/ps以下

2人乗りのコンパクトカー「スマート」をベースに開発された、「スマート・ロードスター」と「スマート・ロードスタークーペ」。
何ともファニーなフロントフェイスをもつ両車だが、ボディ後半部のデザインが大きく異なる。低いフラットデッキを持つロードスターに対し、ロードスタークーペはファストバック調のガラスハッチバック処理を採用。両車ともルーフ部分は、メインパネルを左右分割で取り外すことができ、さらにルーフサイドのフレームも取り外せるのだ。


「スマート・ロードスタークーペ」
 
【パリサロン2002】MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」

見た目はオリジナルのスマートと似ても似つかないが、メカニズムは兄貴分が育ててきたアイテムをフル活用。リアに積まれる直3ターボ・エンジンは、現行スマートよりも大幅にパワーアップされ、81psの最高出力と、11.2kgmの最大トルクを発する。車両重量はいずれも790kgと発表されており、パワー・トゥ・ウェイト・レシオは10kg/psを下まわる計算だ。コンパクトなボディとあいまって機敏な動きが期待できる。ちなみにタイヤは、前後輪とも205/50R15が標準で、205/45R16がオプション設定される。

市場投入は2003年4月とのこと。一刻も早くステアリングを握ってみたい、魅惑的な一台である。

(河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデルの発表会場から 2016.8.3 画像・写真 コンパクトカー「スマート・フォーツー/フォーフォー」のターボエンジン搭載モデルが、3車種そろってデビュー。2016年8月3日から、順次販売が開始される。「Mercedes me Tokyo HANEDA」で開催された、発表会の様子を写真で紹介する。
  • 「スマート・フォーツー ターボ」がカタログモデルに 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのモデルラインナップに「スマート・フォーツー ターボ」を追加設定し、販売を開始した。現行モデルのスマート・フォーツーがカタログモデルとして導入されるのは今回が初めて。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る