MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」【パリサロン02】

2002.09.27 自動車ニュース
 
【パリサロン2002】MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」

【パリサロン2002】スマート「ロードスター」&「ロードスタークーペ」

「パリ・モーターショー」(Paris Mondial de l'automobile)、通称「パリサロン」が、2002年9月26日のプレスディで幕を開けた。自動車ジャーナリストの河村康彦が、現地から話題のモデルをレポートする。


【写真上下】 「スマート・ロードスター」
 
【パリサロン2002】MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」

■パワー・トゥ・ウェイト・レシオ、10kg/ps以下

2人乗りのコンパクトカー「スマート」をベースに開発された、「スマート・ロードスター」と「スマート・ロードスタークーペ」。
何ともファニーなフロントフェイスをもつ両車だが、ボディ後半部のデザインが大きく異なる。低いフラットデッキを持つロードスターに対し、ロードスタークーペはファストバック調のガラスハッチバック処理を採用。両車ともルーフ部分は、メインパネルを左右分割で取り外すことができ、さらにルーフサイドのフレームも取り外せるのだ。


「スマート・ロードスタークーペ」
 
【パリサロン2002】MCC「スマート ロードスター」&「ロードスタークーペ」

見た目はオリジナルのスマートと似ても似つかないが、メカニズムは兄貴分が育ててきたアイテムをフル活用。リアに積まれる直3ターボ・エンジンは、現行スマートよりも大幅にパワーアップされ、81psの最高出力と、11.2kgmの最大トルクを発する。車両重量はいずれも790kgと発表されており、パワー・トゥ・ウェイト・レシオは10kg/psを下まわる計算だ。コンパクトなボディとあいまって機敏な動きが期待できる。ちなみにタイヤは、前後輪とも205/50R15が標準で、205/45R16がオプション設定される。

市場投入は2003年4月とのこと。一刻も早くステアリングを握ってみたい、魅惑的な一台である。

(河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスタークーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
ホームへ戻る