三菱「パジェロイオ」一部改良

2002.09.25 自動車ニュース

三菱「パジェロイオ」一部改良

三菱自動車は、小型SUV「パジェロイオ」を一部改良し、2002年9月24日に発売した。

今回の改良から、3ドアモデルがカタログから消え、5ドアモデルに集約された。
また2リッターGDI、1.8リッターGDIターボに加え、1.8リッター「ECI-MULTIエンジン」が追加設定。ビスカスカプリング付きのセンターデフ式フルタイム4WDを組み合わせ、従来まで特別仕様車だった「パールパッケージ」と「パールパッケージ・ナビエディション」に採用した。

その他の変更点は以下の通り。

・リアビューカメラをメーカーオプション設定
・ボディ色に「クールシルバーメタリック」など6色を追加、全11色とした
・ボディ同色の「リアスペアタイヤケース」「ライセンスプレートガーニッシュ」を新たに装備
・フロントの可変間欠ワイパーを車速感応式に変更
・メーカーオプション設定のナビゲーションシステムを「DVDナビゲーション」に変更
・キーレスエントリーのドアロック操作で自動的に警戒モードが開始される「セキュリティーアラーム」を全車に標準装備
・電動格納式リモコンドアミラーに「キーオフ後作動機能」と「車速感応復帰機能」を追加

価格は、1.8リッターモデルが189.8万円と210.0万円、1.8リッターGDIターボは210.0万円と216.0万円、2リッターGDIは193.0万円から232.0万円まで。

(webCG 永瀧)

三菱自動車「パジェロイオ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/io/

 
三菱「パジェロイオ」一部改良の画像

関連キーワード:
パジェロイオ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱、欧州専用の「パジェロ」生産開始 1999.7.12 自動車ニュース 三菱自動車は7月6日、イタリアで「パジェロピニン」のラインオフセレモニーを行なった。「三菱パジェロピニン」は、フェラーリなどを手がけるピニンファリーナがデザインおよび生産を担当する欧州むけモデルだ。この秋、イタリアで発売される。生産開始を記念しての式典にはイタリア・トリノのピニンファリーナ社のバイオカナベーゼ工場にて行なわれた。同式典には河添克彦・三菱自動車社長、セルジオピニンファリーナ・ピニンファリーナ会長が列席した。「パジェロピニン」はパジェロioをベースに開発された欧州仕様で、1.8リッターGDIエンジンにスーパーセレクト4WD-iを組み合わせたドライブトレインをもち、内外装は特製となる。三菱自動車では、小型パジェロのようなスポーツユーティリティ市場は今後ヨーロッパで需要の拡大が見込まれると見ており、イタリアの次はスペイン、ドイツ、ポルトガル、イギリスなどで順次販売する予定という。さらに三菱自動車では7月8日付で、フィアットとイタリアで4WDのSUVを共同生産する計画があることを発表した。フィアット社は、新車のスタイリングに対して責任を持ち、三菱自動車はプラットフォームとメカニカルパーツを供給する、というものだ。2001年前半をめどに2ドアと5ドアの2バージョンがつくられ、エンジンはディーゼルとガソリンの2本立てとなることが決定されている。生産は「パジェロピニン」を担当するピニンファリーナ社のバイロ工場となるそうだ。フィアットとのRV共同開発発表などイタリアに急接近の三菱自動車だが、個人的にはこうした展開はおおいに期待したい。イタリアンテイストの三菱車って、パジェロに限らずいいと思いませんか?(Web CG おざわ)
  • 三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理 2006.1.12 自動車ニュース 三菱自動車は、コンパクトSUV「パジェロイオ」を一部改良し、2006年1月11日に発売した。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記