Fニッポン、本山が4勝目

2002.09.24 自動車ニュース

Fニッポン、本山が4勝目

全日本選手権フォーミュラニッポン第8戦決勝が、2002年9月22日、山口県はセントラルパークMINEサーキット(3.330km)を62周して行われた。4番手スタートからトップにたった本山哲(XBOX IMPUL)が、タイトル争いを繰り広げているラルフ・ファーマン(PIAA NAKAJIMA)の追撃を振り切り、今シーズン4勝目をあげた。


【写真上】優勝した本山哲(手前)。ランキングトップのファーマン(後)の追撃をかわし、今シーズン4勝目を飾った。
【写真下】今大会でトップフォーミュラ参戦100戦を迎えた金石勝智(右)。ピットウォークの時にチームからお祝いの花束とケーキが贈られた。近藤真彦監督みずからナイフを入れて切り分け、金石選手の口、じゃなくて鼻にもっていく一幕も。
金石は、今シーズンを終えると、歴代参戦記録で5位に浮上する。

2位ファーマンに次いで表彰台に上ったのは道上龍(5ZIGEN)。以下、4位松田次生(PIAA NAKAJIMA)、5位金石年弘(ARTA)、6位服部尚貴(5ZIGEN)が入賞した。

あと2戦だけとなった2002年シーズン。48点でランキング1位のファーマンに、本山が2点差で迫る。脇阪寿一(ARTA)が24点で3位、土屋武士(LeMans)が20点4位。第2戦で不慮の事故にあい3戦を欠場した道上が、復帰後連戦ポイントを稼ぎ出し、17点で5位についている。

次戦決勝は10月20日、栃木県はツインリンクもてぎで開催される。

(文=webCG 有吉/写真=KLM Photographics J)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。