VW「ゴルフ」の高性能モデル「R32」お披露目される

2002.09.18 自動車ニュース
 

VW「ゴルフ」の高性能モデル「R32」お披露目される

2002年9月14日、静岡県の富士スピードウェイで開催されたフォルクスワーゲンのお祭り「フォルクスワーゲン・フェスト・イン・フジ」において、3.2リッターV6と4WDを搭載した「ゴルフ」のホッテストモデル「R32」が、日本初お披露目された。


TOP写真:フォルクスワーゲングループジャパンの梅野勉社長と、ニューモデル「ゴルフ R32」
 

「ゴルフR32(アール・サーティトゥ)」は、2002年5月のマドリードショーで参考出品され、ドイツ本国では8月に販売が開始された、ゴルフの高性能バージョンだ。日本未導入の3ドアハッチバックのボディには、前後の大型エアロバンパー、サイドスカート、リアスポイラーを装着。左右2本出しのレムス社製大口径マフラーがスポーティだ。
インテリアには、「R32」ロゴ付きのケーニッヒ製本革スポーツシート、アルミ製ペダル、グリップの太いは本革巻きステアリングホイールなどを配した。



 

エンジンは、フォルクスワーゲンが開発した高級サルーン「フェートン」のベーシックグレードと同じ、3.2リッターV6 DOHC24バルブ。最高出力241ps/6250rpm、最大トルクは32.6kgm/2800-3200rpmを発生する。トランスミッションは6段マニュアルギアボックス、駆動方式は4WD「4モーション」だ。気になるパフォーマンスは、0-100km/h加速が6.6秒、最高速度は247km/hに達するという。「スポーツカーに匹敵するハイパフォーマンス」(プレス資料)。


スピードメーターは、300km/hまで刻まれる。
 

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラットでオリジナルと同じ。しかしリアは、トーションビームからマルチリンクに変更された。スポーツサスペンションにより、車高を20mmダウン。足もとをOZ製アルミホイールと、225/40ZR18インチのスポーティなタイヤでキメる。
安全面では、フロント、サイドエアバッグ&カーテンエアバッグや、ベルトフォースリミッターなどを装備。オートエアコンや、クルーズコントロール、熱線吸収ガラスなど快適装備も備え、ゴルフのトップモデルに恥じないラグジュアリー性も付与した。



 

日本への導入は、2003年の初頭を予定。仕様や価格は、現在検討中という。ちなみに、ドイツでは3万200ユーロ(約350.0万円)で販売されている。フォルクスワーゲンは「ゴルフR32」を皮切りに、他のモデルにもスポーティな「Rライン」を追加するという。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記