VW「ゴルフ」の高性能モデル「R32」お披露目される

2002.09.18 自動車ニュース
 

VW「ゴルフ」の高性能モデル「R32」お披露目される

2002年9月14日、静岡県の富士スピードウェイで開催されたフォルクスワーゲンのお祭り「フォルクスワーゲン・フェスト・イン・フジ」において、3.2リッターV6と4WDを搭載した「ゴルフ」のホッテストモデル「R32」が、日本初お披露目された。


TOP写真:フォルクスワーゲングループジャパンの梅野勉社長と、ニューモデル「ゴルフ R32」
 

「ゴルフR32(アール・サーティトゥ)」は、2002年5月のマドリードショーで参考出品され、ドイツ本国では8月に販売が開始された、ゴルフの高性能バージョンだ。日本未導入の3ドアハッチバックのボディには、前後の大型エアロバンパー、サイドスカート、リアスポイラーを装着。左右2本出しのレムス社製大口径マフラーがスポーティだ。
インテリアには、「R32」ロゴ付きのケーニッヒ製本革スポーツシート、アルミ製ペダル、グリップの太いは本革巻きステアリングホイールなどを配した。



 

エンジンは、フォルクスワーゲンが開発した高級サルーン「フェートン」のベーシックグレードと同じ、3.2リッターV6 DOHC24バルブ。最高出力241ps/6250rpm、最大トルクは32.6kgm/2800-3200rpmを発生する。トランスミッションは6段マニュアルギアボックス、駆動方式は4WD「4モーション」だ。気になるパフォーマンスは、0-100km/h加速が6.6秒、最高速度は247km/hに達するという。「スポーツカーに匹敵するハイパフォーマンス」(プレス資料)。


スピードメーターは、300km/hまで刻まれる。
 

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラットでオリジナルと同じ。しかしリアは、トーションビームからマルチリンクに変更された。スポーツサスペンションにより、車高を20mmダウン。足もとをOZ製アルミホイールと、225/40ZR18インチのスポーティなタイヤでキメる。
安全面では、フロント、サイドエアバッグ&カーテンエアバッグや、ベルトフォースリミッターなどを装備。オートエアコンや、クルーズコントロール、熱線吸収ガラスなど快適装備も備え、ゴルフのトップモデルに恥じないラグジュアリー性も付与した。



 

日本への導入は、2003年の初頭を予定。仕様や価格は、現在検討中という。ちなみに、ドイツでは3万200ユーロ(約350.0万円)で販売されている。フォルクスワーゲンは「ゴルフR32」を皮切りに、他のモデルにもスポーティな「Rライン」を追加するという。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る