【語ってくれた人】ワルター・マリア・デ・シルヴァ(Walter Maria de Silva)さん/フィアット、アルファ・ロメオなどを経て、1999年にフォルクスワーゲングループに属するセアトのデザイン責任者に就任。2007年2月から現職。1951年イタリア・レッコ生まれ。

フォルクスワーゲンup!【開発者インタビュー】

シンプルかつ機能的であれ 2012.09.27 試乗記 <開発者インタビュー>
ワルター・マリア・デ・シルヴァさん
フォルクスワーゲンAG
グループデザイン責任者

2012年9月18日、新しいフォルクスワーゲンのボトムレンジモデル「up!(アップ!)」が、日本で華々しくデビューした。タイミングを合わせて、フォルクスワーゲングループのデザインを統括するワルダー・デ・シルヴァ氏が来日。最新のカーデザイン事情をうかがった。

小型車は使いやすさが大事

「フォルクスワーゲンup!」のデザインコンセプトは、「シンプル&クリーン」。デザイン面から見た、クルマとプロダクトの関係を探ってみると……。

――up!のデザインの狙いは、どのようなものですか?

言うまでもありませんが、up!はスモールカーであり、現代のクルマです。日常の生活にかかわるプロダクトという意味では、例えば手元にあるiPhoneなどと並ぶものといえます。今は、電話、テクノロジー素材に限らず、家具、ランプ……、あらゆるものをひっくるめて、“シンプルかつ機能的”であることを求める人が増えている。「そうした人たちに働きかけていこう!」というのが、われわれの狙いです。up!に限らず、「ゴルフ7」にも、その考えは反映されています。

――フォルクスワーゲンとアップルのデザインが比較されることを意識しますか?

アップルよりフォルクスワーゲンのほうがずっと古いんですけどね! 比較されることはイヤではありません。アップルのジョナサン・アイブ氏と私のデザインで共通するのは、すぐに「あ、あそこのデザインだ!」と気が付くことです。カーデザイナーのなかには、1年後にまったく違ったデザインを出してくる人もいます。それではお客さまが混乱してしまう。私はそうではない。自分の哲学に従ってデザインをした方が、結局は広く受け入れられるのではないかと思います。

――発表会のプレゼンテーションで、インターネットのハナシが出ましたが……?

インターネットを楽しむ人が増えたのは、大きな社会的な変化です。ただ、実際のモビリティーがインターネットに取って代わられるわけではありません。どうしてインターネットを使う人がこんなにも増えたのか? それは、「簡単」「使いやすい」からです。クルマも、特に小型車は、使いやすいことが大事。短い距離、街なかで、使いこなせる必要があります。シンプルで簡単なもの。それがひとつの発想として出てきました。

――リアビューは、スマートフォンからインスピレーションを得たと聞きます。ただ、「笑顔」をモチーフにしたフロントと比べると、ややわかりにくいのでは?

up!のリアビューは、コンビネーションランプを中心にデザインし、全体としてガラスのハッチバックになりました。どうしてああいうカタチにしたのか? デザイン面、技術的な問題、そしてコストのことを避けて通ることはできません。クルマのデザインは、見た目の美しさ、機能性を考えないといけませんが、なにしろ数が造られるものですからね。コストにも敏感でないとならないのです。

フォルクスワーゲングループの新しい生産戦略「ニュースモールファミリー」に属する「up!」。同社はグループ内のブランドやクラスを超えて、さまざまなコンポーネンツを標準化することをもくろんでいる。開発コストを抑え、競争力をアップするためだ。
フォルクスワーゲングループの新しい生産戦略「ニュースモールファミリー」に属する「up!」。同社はグループ内のブランドやクラスを超えて、さまざまなコンポーネンツを標準化することをもくろんでいる。開発コストを抑え、競争力をアップするためだ。
「生産のモジュラー化は、デザイン面ではプラスに働く」とデ・シルヴァさん。「同じプラットフォームを使って、セダン、SUV、スポーツカーと多彩な車種が生み出されます。スケールメリットが増すので、いままでコストの面で厳しかったデザイン上の挑戦が可能になるのです」
「生産のモジュラー化は、デザイン面ではプラスに働く」とデ・シルヴァさん。「同じプラットフォームを使って、セダン、SUV、スポーツカーと多彩な車種が生み出されます。スケールメリットが増すので、いままでコストの面で厳しかったデザイン上の挑戦が可能になるのです」
「up!」は若干の変更を受けて、ブラジルをはじめとする南米にもデリバリーされる予定だ。
「up!」は若干の変更を受けて、ブラジルをはじめとする南米にもデリバリーされる予定だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る