ホンダ「フィット」に1.5リッターモデル

2002.09.13 自動車ニュース
 

ホンダ「フィット」に1.5リッターモデル

本田技研工業は、同社の売れ筋モデル「フィット」に1.5リッターモデル「1.5T」を追加設定、2002年9月13日に発売した。



 

1.3リッター直4「i-DSI」エンジンとCVT「ホンダマルチマチックS」のみだった「フィット」。今回追加された「1.5T」は、新開発の1.5リッター「VTEC」ユニットと、マニュアル感覚のシフトを可能とした「7スピードモード」機能付きCVTを組み合わせたモデル。2WD車でリッター20.0km(10・15モード)という低燃費がジマンだ。

1.5リッターユニットは、ハイブリッドカー「インサイト」の1リッターエンジンや、フィット、「モビリオ」の「i-DSI」エンジンから継承した低燃費技術と、アルミロッカーアームを採用したローラー同軸VTEC機構により、高出力、低燃費、低エミッションのハイバランスを達成した、と謳われる。最高出力110ps/5800rpm、最大トルク14.6kgm/4800rpmを発生する。

「ホンダマルチマチックS+7スピードモード」のCVTは、ステアリングホイールのスポークの付け根部分に備わるスイッチでシフト可能。通常はいわゆる無段変速だが、スイッチで「7速オートシフトモード」を選ぶと“7段AT”に、また「7速マニュアルシフトモード」を選ぶと“7段MT”に変身するという。

外観は、スモークドメッキのヘッドランプガーニッシュや、14インチアルミホイールなどで精悍さを演出。内装には、黒基調の専用シート地や、サテン調メッキを施したスイッチなどを配した。ボディ色は、専用「ストームシルバー・メタリック」「ビビッドブルー・パール」を含む全12色を用意する。

価格は、2WDが135.0万円、4WDは153.0万円。1.3リッターモデルは、106.5万円から144.0万円まで。
なお、福祉車両「フィット・アルマス」(助手席回転シート車)にも「1.5T」が加わった。こちらはそれぞれ8.6万円高となる。

(webCG 有吉)

本田技研工業「フィット」:
http://www.honda.co.jp/Fit/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る