【スペック】モンデオワゴン:全長×全幅×全高=4805×1810×1470mm/ホイールベース=2755mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、19.4kgm/4500rpm)/車両本体価格=277.0万円

フォード・モンデオ【試乗記】

肩が凝らない 2002.09.12 試乗記 フォード・モンデオ欧州フォードのフラッグシップ、「モンデオ」。新型2リッターの2代目モンデオに自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。会員コンテンツ「Contributions」より再録。

肩が凝らない

ひとまわり大きく立派になった欧州フォードのコロナ。フォーカスほどトベなかったスタイリングは、セダンの方がむしろ個性的。足まわりも、突き上げの気になるワゴンより好印象。トランクも驚くほど広大だから、セダンがお薦め。
チェーンドライブの新型2リッター4気筒は、静かでスムーズ。2速へのキックダウンが89km/hまでしかきかないため、高速道路の追い越しはパンチを欠くが、それ以外は、動力性能に不満なし。
試乗会のチョイ乗りでは、さして印象に残らなかったが、あらためてセダンを1泊2日で味わうと、なかなか良かった。こういう中庸を得た、肩の凝らない実用セダンは、日本車ではいまや得難いと思う。新型プリメーラに「あそこまで自己主張されるのは……」と感じるファミリーマンに向く。
ただ、フォードって、いま、どこへ行けば買えるのでしょう。製品のカリスマ不足を補うには、なにより販売チャンネルの拡充が急務。マツダで売っちゃだめなの?

(下野康史/2001年5月)


 
フォード・モンデオ【試乗記】の画像

 
フォード・モンデオ【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

モンデオセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗記】 2005.4.21 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの旗艦「モンデオ」に高性能シリーズ「ST」が追加された。ハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • フォード・モンデオST220(FF/6MT)【試乗記】 2006.7.7 試乗記 フォード・モンデオST220(FF/6MT)
    ……450.0万円

    2006年からカタログモデルとなった、「チームRS」が手がけたフォードのスポーティスペシャル「ST」シリーズ。ミドルサルーン「モンデオST220」は、派手さこそないが、随所にプロの業が感じられるクルマだった。


  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
ホームへ戻る