ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジ

2002.09.12 自動車ニュース

ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、7人乗りワゴン「ストリーム」を一部改良し、2002年9月12日に発売した。

改良の眼目は、内外装の質感向上。価格は据え置かれた。
主な変更点は以下の通り。

・パワーウィンドウスイッチ照明追加、助手席シートバックポケットに車検証が入るファスナー式インナーポケット追加、電波式キーレスエントリーシステムのリモコンが2つ標準装備(全車)
・リアカメラ付きDVDナビゲーションシステムの採用(「G」に標準、他グレードにオプション設定)
・内装色にチタン色を追加。同時にセンターパネルとドアグリップパネルをパンチングメタル調に変更(「L」「iL」)
・サイドマーカーレンズをクリア化、フロントウィンドウウォッシャーノズルのボディ同色化(全車)
・ボディ色「アイランダーグリーン・メタリック」を廃止、替わりに「エアリアルブルー・メタリック」追加(「G」「L」「iL」)

価格は、1.7リッターモデルが「G」の158.8万円から「L特別仕様車スタイルS」の174.8万円まで、2リッター版は「iL」の189.8万円から「iS」の209.8万円まで。

なお、福祉車両「ストリーム・アルマス」(助手席リフトアップシート車)にも同様の改良が施された。

(webCGわたなべ)

 
ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る