ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジ

2002.09.12 自動車ニュース

ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、7人乗りワゴン「ストリーム」を一部改良し、2002年9月12日に発売した。

改良の眼目は、内外装の質感向上。価格は据え置かれた。
主な変更点は以下の通り。

・パワーウィンドウスイッチ照明追加、助手席シートバックポケットに車検証が入るファスナー式インナーポケット追加、電波式キーレスエントリーシステムのリモコンが2つ標準装備(全車)
・リアカメラ付きDVDナビゲーションシステムの採用(「G」に標準、他グレードにオプション設定)
・内装色にチタン色を追加。同時にセンターパネルとドアグリップパネルをパンチングメタル調に変更(「L」「iL」)
・サイドマーカーレンズをクリア化、フロントウィンドウウォッシャーノズルのボディ同色化(全車)
・ボディ色「アイランダーグリーン・メタリック」を廃止、替わりに「エアリアルブルー・メタリック」追加(「G」「L」「iL」)

価格は、1.7リッターモデルが「G」の158.8万円から「L特別仕様車スタイルS」の174.8万円まで、2リッター版は「iL」の189.8万円から「iS」の209.8万円まで。

なお、福祉車両「ストリーム・アルマス」(助手席リフトアップシート車)にも同様の改良が施された。

(webCGわたなべ)

 
ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.7 試乗記 上にも横にも開くテールゲートからエンジンまで、いろいろなところが新しくなった、ホンダのミニバン「ステップワゴン スパーダ」。実際に乗ってみたら……? その使い勝手や走り、燃費などを報告する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ホンダが「ステップワゴン」を9月にマイナーチェンジ 2017.7.3 自動車ニュース ホンダが9月にマイナーチェンジを予定しているミニバン「ステップワゴン」情報を先行公開した。パワープラントに新たにハイブリッドシステムを追加するほか、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能も強化するという。
ホームへ戻る