ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジ

2002.09.12 自動車ニュース

ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、7人乗りワゴン「ストリーム」を一部改良し、2002年9月12日に発売した。

改良の眼目は、内外装の質感向上。価格は据え置かれた。
主な変更点は以下の通り。

・パワーウィンドウスイッチ照明追加、助手席シートバックポケットに車検証が入るファスナー式インナーポケット追加、電波式キーレスエントリーシステムのリモコンが2つ標準装備(全車)
・リアカメラ付きDVDナビゲーションシステムの採用(「G」に標準、他グレードにオプション設定)
・内装色にチタン色を追加。同時にセンターパネルとドアグリップパネルをパンチングメタル調に変更(「L」「iL」)
・サイドマーカーレンズをクリア化、フロントウィンドウウォッシャーノズルのボディ同色化(全車)
・ボディ色「アイランダーグリーン・メタリック」を廃止、替わりに「エアリアルブルー・メタリック」追加(「G」「L」「iL」)

価格は、1.7リッターモデルが「G」の158.8万円から「L特別仕様車スタイルS」の174.8万円まで、2リッター版は「iL」の189.8万円から「iS」の209.8万円まで。

なお、福祉車両「ストリーム・アルマス」(助手席リフトアップシート車)にも同様の改良が施された。

(webCGわたなべ)

 
ホンダ、「ストリーム」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
ストリームホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記
  • 【LAショー2017】「レクサスRX」のロングバージョンがデビュー 2017.11.30 自動車ニュース