三菱、軽3車種を一部改良

2002.09.10 自動車ニュース
 

三菱、軽3車種を一部改良

三菱自動車は、軽乗用車「パジェロミニ」「トッッポBJ」「ミニカ」の一部を改良。グレード体系を整理し、2002年9月3日に発売した。


【写真上】パジェロミニ
【写真下】トッポBJ
 

今回の一部改良では、「パジェロミニ」が全車「平成12年基準排出ガスレベル25%低減レベル」の「良-低排出ガス」認定を受けた。また内外装の一部を変更したのに加え、価格を約6.0〜22.0万円引き下げた。
「トッポBJ」と「ミニカ」は、ヒートシーターを全車にオプション設定。さらに、ミニカのセダンモデルのシート生地を変更した。両モデルのグレード体系を縮小・整理したこともニュースである。トッポBJは、0.66リッター直3SOHC搭載の「Mリミテッド」と、同リーンバーンエンジンを積む「U」の2グレードに集約。ミニカは、3ドア/5ドアセダンと3ドアのバンを合わせて、全部で5グレードとなった。


ミニカ タウンビー
 

車種別の詳しい変更は、以下の通り。

■パジェロミニ
・全車「平成12年基準排出ガスレベル25%低減レベル」の「良-低排出ガス」認定
・「XR」「VR」グレードのボディ色に、「イエローソリッド」「ライトグリーンマイカ」と「ワインレッドメタリック」のモノトーン3色を新設定
・トップグレードの「DUKE」に、フォグランプを標準装備
・全車、リアコンビネーションランプをクリアレンズに変更
・全車のシート生地を変更。さらに「R」と「DUKE」グレードは、内装色をダークグレーに変更
・全車にシートヒーターをオプション設定

■トッポBJ、ミニカ
・全車にシートヒーターをオプション設定
・ミニカセダンのシート生地を変更

価格は、パジェロミニが「XR」(2WD/5MT)の102.0万円から、「DUKE」(4WD/4AT)の159.8万円まで。
トッポBJは「U」(2WD/5MT)の79.8万円から、「Mリミテッド」(4WD/コラム式4AT)の120.1万円まで。
ミニカは、3ドアバン「ライラ」(2WD/4MT)の55.5万円から、5ドアセダン「タウンビー」(4WD/4AT)の131.9万円まで。

(webCGオオサワ)

三菱自動車「パジェロミニ」:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/PAJERO-MINI/index.html
同「トッポBJ」:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/TOPPO/index.html
同「ミニカ」:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/MINICA/index.html

関連キーワード:
パジェロミニトッポミニカ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)【試乗記】 2008.11.14 試乗記 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)
    ……173万3550円

    マイナーチェンジを受けた三菱パジェロミニに試乗。子育てが終わったら、この手の“ミニ四駆”と過ごすのも楽しいかもしれない。
  • 三菱パジェロミニに“最後を飾る”特別仕様車 2012.3.22 自動車ニュース 三菱自動車は2012年3月22日、軽乗用車「パジェロミニ」に特別仕様車「Premium Selection 〜Final Anniversary〜(ファイナル アニバーサリー)」を設定し、3月26日に発売すると発表した。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 第452回:今だからこそ語りたい!
    現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力
    2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
ホームへ戻る