三菱「eKワゴン」にスポーティバージョン「eKスポーツ」

2002.09.09 自動車ニュース

三菱「eKワゴン」にスポーティバージョン「eKスポーツ」

三菱自動車は、軽乗用車「eKワゴン」の派生車種として、「スタイリッシュ・スポーツ・ワゴン」をテーマとした「eKスポーツ」を、2002年9月2日に発売した。また「eKワゴン」の一部を改良し、同日販売を開始した。

■ターボを載せた「eKスポーツ」

「eKワゴン」にちょっと精悍なマスクを与えた「eKスポーツ」。eKワゴン同様の0.66リッター直3エンジンを載せた「Z」に加え、インタークーラー付きターボ搭載の「R」をラインナップ。Rには、チューニングされたサスペンションや、Zより1段多い4段ATなどを盛り込み、よりスポーティな性格を与えた。

凹凸をなくした直線的なボディ、インタークーラーを冷やすスケルトンタイプのエアインテークなどが外観上の特徴。黒基調の室内には、革巻きステアリングホイールや前後スポーツシートなどを配した。

ベーシックなZの機関は、基本的にeKワゴンのものに準ずる。エンジンは最高出力50ps/6500rpm、最大トルク6.3kgm/4000rpm。トランスミッションは3段ATだ。

一方、Rに搭載されるターボユニットは、64ps/6000rpm、9.5kgm/3500rpmを発生。「トッポBJ」の4段ATを最適化して組み合わせる。
前マクファーソンストラット、後トルクアーム式リンクと形式はZと同じだが、スプリングを強化するなどし、操縦安定性や操舵応答性の向上を図った。
ストッピングパワーもアップ。13インチタイヤを履くZが前ディスク/後ドラムなのに対し、14インチタイヤのRは、フロントにベンチレーテッドディスクを採用した。

価格は、Zが115.0万円(2WD)と126.0万円(4WD)、Rは126.5万円(2WD)と137.5万円。

■燃費向上「eKワゴン」

eKワゴンへの改良は、機能装備の充実や燃費の向上などが主。運転席にハイトアジャスターを標準装備したほか、シートヒーターを寒冷地仕様との組み合わせでメーカーオプション設定するなどした。

また、トルクコンバーターの設定変更などにより燃費を向上。10・15モードで、2WD車がリッター19.2km(従来は17.4km)、4WD車は17.2km(同15.8km)となった。

価格は、91.0万円から115.8万円まで。

(webCG 有吉)

三菱自動車「eKスポーツ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/eKSPORT/
同「eKワゴン」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek/

 
三菱「eKワゴン」にスポーティバージョン「eKスポーツ」の画像

eKワゴン
 

	eKワゴン
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】 2013.6.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る