三菱「ギャラン」「アスパイア」一部仕様変更

2002.09.09 自動車ニュース

三菱「ギャラン」「アスパイア」一部仕様変更

三菱自動車は、4ドアセダン「ギャラン」とその兄弟車「アスパイア」の一部仕様を変更し、2002年9月4日に発売した。

「ギャラン」「アスパイア」ともに、2リッター「GDI」エンジン搭載の「Viento」の仕様を一部変更し、よりスポーティな性格を与えた。アルミホイールを15インチから16インチに、タイヤを195/60R15から205/55R16にサイズアップ。リアブレーキはドラムから14インチのディスクに変わった。さらに、「ハイコントラストメーター」を採用するとともに、ATシフトパネルをチタン調メッキパネルに変更した。

一方で、ギャランの2.4リッターGDIモデル、2.5リッターDOHCターボ・インタークーラー付きモデルをカタログから落とし、ギャラン、アスパイアともに2リッターGDI搭載の「VE」「VR-G」「Viento」に集約した(VEはギャランのみ設定)。

価格は、ギャランが167.0万円から226.0万円、アスパイアは187.0万円から226.0万円まで。

(webCG 有吉)

三菱自動車「ギャラン」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/GALANT/
同「アスパイア」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ASPIRE/

 
三菱「ギャラン」「アスパイア」一部仕様変更の画像
関連記事
  • 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.7.24 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)
    ……343万3500円

    ギャラン・フォルティスの最上級グレードとして、ランエボ譲りのメカを一部採用し誕生した「ラリーアート」。それはランエボともまた違うクルマに仕上がっていた。
  • 三菱「ギャランフォルティス」を一部改良 2014.7.10 自動車ニュース 三菱が「ギャランフォルティス」に一部改良を実施し、販売を開始した。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.12.16 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)
    ……255万8850円/350万9100円

    「三菱ギャラン・フォルティス」シリーズに、ハッチバックボディの「スポーツバック」が加わった。さて、新しいボディ形状は、どんな変化をもたらしたのか……?
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
ホームへ戻る