ホンダ・ステップワゴンにナビ付きモデルが追加

2012.09.27 自動車ニュース

ホンダ、「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」にナビ付きモデルを追加設定

本田技研工業は2012年9月27日、ミニバン「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」に、ホンダインターナビなどを標準装備した2タイプを追加設定し、発売した。

今回追加されたのはステップワゴンの「Gコンフォートセレクション」をベースとする「Gインターナビコンフォートセレクション」と、ステップワゴン スパーダの「Z・COOL SPIRIT」をベースとする「Z・COOL SPIRITインターナビセレクション」の2タイプ。
それぞれ、ベース車の装備に加え、ホンダインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器、グラブレール(運転席/3列目左右)などが標準装備となる。

価格は、ステップワゴンGインターナビコンフォートセレクションが275万200円(FF車)と303万200円(4WD車)。ステップワゴン スパーダZ・COOL SPIRITインターナビセレクションが304万8000円(FF車)と327万8000円(4WD車)。すべてベースモデル比25万2000円の設定とされた。

(webCG)

「ステップワゴンGインターナビコンフォートセレクション」
「ステップワゴンGインターナビコンフォートセレクション」
「ステップワゴンGインターナビコンフォートセレクション」のインパネ。
「ステップワゴンGインターナビコンフォートセレクション」のインパネ。
「ステップワゴン スパーダZ・COOL SPIRITインターナビセレクション」
「ステップワゴン スパーダZ・COOL SPIRITインターナビセレクション」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る