プジョー「206」「406」に特別仕様車

2002.09.06 自動車ニュース

プジョー「206」「406」に特別仕様車

プジョージャポンは、ハッチバック「206」と「406」のセダンとワゴンに特別仕様車を設定、2002年9月6日に発売した。

●「206XTリミテッド」
1.4リッター直4搭載のエントリーグレード「XT」(5ドア)をベースに、フロントフォグランプ、雨滴感知式オートワイパー、MDプレーヤー/CDチェンジャーを特別装備。4色のボディ色のうち、「アデン・レッド」は今回初導入のカラーだ。
価格は、ベース車の2.5万円高、182.0万円。450台の限定販売となる。

●「406グリフ」
2リッターモデル「2.0」と同ワゴン「ブレーク2.0」に、フルレザーシートインテリア、フロント電動シート(運転席2ポジションメモリー付き)、革巻きステアリング/シフトノブ、ウッド調ATシフトパネルを付与し、上級の3リッターV6モデル並みの高級感をもたせたという。
セダンはベース車の13.5万円高、313.0万円。ワゴンは同14.5万円プラスで、328.0万円。

(webCG 有吉)

「プジョージャポン」:
http://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「206」「406」に特別仕様車の画像

406(写真は該当モデルにあらず)
 

	406(写真は該当モデルにあらず)
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る