プジョー「206」「406」に特別仕様車

2002.09.06 自動車ニュース

プジョー「206」「406」に特別仕様車

プジョージャポンは、ハッチバック「206」と「406」のセダンとワゴンに特別仕様車を設定、2002年9月6日に発売した。

●「206XTリミテッド」
1.4リッター直4搭載のエントリーグレード「XT」(5ドア)をベースに、フロントフォグランプ、雨滴感知式オートワイパー、MDプレーヤー/CDチェンジャーを特別装備。4色のボディ色のうち、「アデン・レッド」は今回初導入のカラーだ。
価格は、ベース車の2.5万円高、182.0万円。450台の限定販売となる。

●「406グリフ」
2リッターモデル「2.0」と同ワゴン「ブレーク2.0」に、フルレザーシートインテリア、フロント電動シート(運転席2ポジションメモリー付き)、革巻きステアリング/シフトノブ、ウッド調ATシフトパネルを付与し、上級の3リッターV6モデル並みの高級感をもたせたという。
セダンはベース車の13.5万円高、313.0万円。ワゴンは同14.5万円プラスで、328.0万円。

(webCG 有吉)

「プジョージャポン」:
http://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「206」「406」に特別仕様車の画像

406(写真は該当モデルにあらず)
 

	406(写真は該当モデルにあらず)
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT) 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る