ポルシェ2003年モデル販売開始

2002.09.05 自動車ニュース
 

ポルシェ2003年モデル販売開始

ポルシェジャパン(株)は、「ポルシェ911」「ボクスター」の2003年モデルを、9月1日に発売した。


写真上:「ボクスターS」
写真下:「ボクスター」
 

■ボクスターシリーズ

1997年のデビュー以来、6年目を迎えたボクスターシリーズは、2003年モデルから新しい「バリオカム」を搭載した。吸気バルブのタイミングが「切り替え式」から「連続可変式」に、カムシャフトの回転角は40度に拡大された。その結果、2.7リッターの「ボクスター」、3.2リッターの「ボクスターS」とも8psのパワーアップを果たし、それぞれ228ps、260psとなった。「0-100km/h」も6.4秒と5.7秒と0.2秒ずつ短縮された。パフォーマンスアップにもかかわらず、燃費は約2%向上したという。

外観上の変更は、各部のブラッシュアップにとどめられる。あえて2002年モデルとの識別点を挙げると、ボディサイドのエアインテイクがボディ同色となったこと。機能面では、ソフトトップのリアウィンドウがガラス製になったのが大きい。ステアリングホイールを握るドライバーには見えないが、速度が120km/h以上になるとせりだすリアスポイラーの形状も、上面に「段」がついたモノに変わっている。

価格は据え置かれた。
・ボクスター(5MT/5AT)=550.0/610.0万円:2.7リッター水平対向6気筒エンジン(228ps)搭載。16インチホイールが標準。
・ボクスターS(6MT/5AT)=690.0/750.0万円:パワーソースは、3.2リッターフラット6(260ps)。17インチホイールを履く。
(ステアリングホイールの位置は、MTモデルは左のみ。AT車は左右から選べる)


「911 カレラ4S」
 

■911シリーズ

昨2002年モデルで、排気量を3.4から3.6リッターに拡大、かつバルブタイミングのみならずリフト量をも可変化した「バリオカムプラス」を装備した911シリーズ。2003年度の変更点はごく少ない。車両内部のデータ転送システムが、光ファイバーを用いた「MOST(Media Oriented Systems Transport)」にアップグレードされた。


「911 カレラ カブリオレ」
 

911シリーズの「カレラクーペ」「カレラ4クーペ」「カレラ4S」の6MTモデル(左ハンドル)には、エンジンパワーを320psから345psにアップする「パワーアップキット」(168.0万円)が、オプションとして用意された。来2004年モデルのスペックを示唆する内容である。


「911 タルガ」
 

価格は据え置かれた。
・カレラクーペ(6MT/5AT)=990.0/1070.0万円:3.6リッター水平対向6気筒(320ps)を積んだベーシックなナインイレブン。
・カレラ4クーペ(6MT/5AT)=1090.0/1170.0万円:ビスカスカプリングによるフルタイム4WDシステムを組んだカレラ。
・タルガ(6MT/5AT)=1110.0/1190.0万円:タルガというより、大型スライドガラスルーフを備え、ハッチゲイトをもつ画期的な911。
・カレラ4S(6MT/5AT)=1170.0/1250.0万円:ターボモデルに準じた足まわりをもつ、いわゆるターボルック車。動力系はカレラ4と変わらない。
・カレラカブリオレ(6MT/5AT)=1150.0/1230.0万円:カレラクーペのオープンモデル。後輪駆動。
・カレラ4カブリオレ(6MT/5AT)=1250.0/1330.0万円:4輪駆動のカブリオレ。ソフトトップは20秒以内で自動開閉できる。
・ターボ(6MT/5AT)=1680.0/1760.0万円:パワーソースは、ツインターボで過給される3.6リッターフラット6。最高出力420ps。4輪駆動。
・GT2(6MT)=2344.0万円:462psを発生する3.6リッターツインターボ搭載。RR(リアエンジン・リアドライブ)のハイエンドポルシェ。

(ステアリングホイールの位置は、MTモデルは左、AT車は左右から選択可能)

(webCGアオキ)

関連記事
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る