【スペック】全長×全幅×全高=4515×1825×1355mm/ホイールベース=2620mm/車重=1730kg/駆動方式=FR/4.3リッターV8DOHC32バルブ(280ps/5600rpm、43.8kgm/3400rpm)/車両本体価格=600.0万円

トヨタ・ソアラ【試乗記】

これは実に驚異である 2002.09.04 試乗記 トヨタ・ソアラ

日本のモータージャーナリズムの草分け的存在、小林彰太郎。「ジャーナリストは生涯現役」の口ぐせ通り、今日も西へ東へと忙しい。日本に高級パーソナルカーこと“遊びグルマ”というジャンルがあることを知らしめたトヨタ・ソアラ。電動ハードトップを備えた4代目に乗る。
会員コンテンツ「Contributions」より再録。

質感の高いインテリア

新型ソアラは一見2+2クーペだが、座席に座ったまま、ワンタッチ/25秒でメタルトップをトランク内に電動格納することにより、完全なオープンに早変わりできるのが、最大の特徴であり、美点でもある。
あいにくいまにも雨の落ちそうな空のもと、東京-箱根を往復した印象を記す。
分厚いドアを開けて運転席に着く。良質な革装シートの形状と感触は、そこまで乗ってきたSタイプ・ジャガーとよく似ており、非常に快適である。ウィンドスクリーンは、最近の傾向で強く後傾しているが、ダッシュ上面がダークカラーなので、ガラスに反射するおそれはない。また、太いAピラーにもかかわらず、ドライバーが相対的に後方に位置するため、曲がる場合もまったく視界の妨げにはならない。正面に3個並んだ古典的な黒地に白文字のアナログ計器は自然で見やすい。 総じてインテリアの意匠はよく考えられており、質感も高い。

ランフラットタイアの印象

路上に出てまず印象的だったのは、無類に静粛なパワーユニット、特に4.3リッターV8エンジンだった。高速道路を含めて、実用的な速度領域ではほとんど無音・無振動である。トランスミッションは、セルシオと基本的に共通の、ジグザグ型パターンを持つ5段ATで、Sモードを選べる。4.3リッターV8は好ましいトルク特性で、43.8kgmの大トルクを3400rpmを中心とした広域で発揮する。そのため、ゼロ発進から3桁の速度まで加速度はリニアであり、かえってパンチが効かないような錯覚を覚える。

前後ともダブルウィッシュボーン/コイルによる独立懸架、245/40ZR18ワイドタイア、無類に高剛性を持つ車体の相乗効果で、高速直進安定は例外的に高い。隣に同乗された中川 泰チーフエンジニアに、「このメーターはずいぶん甘いですね」と言ったほど、初めてソアラに乗ると速度感が狂いがちである。

タイアには2種類のオプションがある。ダンロップの普通タイアと、ブリヂストンのランフラット型で、後者を選べば、もちろんスペアを携行する必要がない。メタルトップをトランクに格納しても、ゴルフバッグ1個を収納できるという。そのためにも、ランフラットは必要なのだ。
東京から箱根まで乗った車は、このランフラットを履いていた。重量が重いことのほか、NVH(ノイズ/ヴァイブレーション/ハーシュネス)の点でも普通タイアに比べて不利なのは否めない。この選択は迷うところである。





いくつかの問題

新型ソアラにも注文をつけたい点がある。乗り込んで街角をゆっくり曲がった瞬間から気が付いたが、箱根のワインディングで確信となったことがいくつかあった。ここに列挙すると、(1)ステアリングが少々ローギアードである。(2)ステアリングフィールがややデッドである。(3)ダンピングが状況によっては少々弱い。

中川CEともいろいろ議論したのだが、(1)の問題は、ラック&ピニオンをバリアブルにすれば解決がつくのではなかろうか。(2)はタイアの性質にもよるから一概には言えない。箱根からの帰途乗った車は普通タイアを履いていたが、この方が粘りがあり、キャスターアクションも多少強かった。(3)のアンダーダンピングの問題だが、なぜ速度感応式の可変ダンパーにしなかったのか、僕には不可解である。120km/hくらいを境に自動的に堅くなる可変ダンパーにして、別に任意に切り替えられるスイッチを付ければいいと思う。

上の写真をクリックすると動くハードトップが見られます。

オーソドクスで手堅い

帰り道はオープンを試そうと、ダッシュのスイッチでメタルトップを格納した。8個の小さなモーターと精巧なリンク類、それを絶妙なタイミングで動かす電子制御装置は、新型ソアラでいちばんの技術的メリットだと思う。オープン状態でもボディはみしりともいわず、120程度出しても風はまったくコクピットに巻き込むことがない。これは実に驚異である。

結論をいうと、この格納メタルトップを別にすれば、この新型ソアラはきわめてオーソドクスな、手堅い設計である。だからこそ、600.0万円という、リーズナブルな価格と高いコスト/パフォーマンスが可能になったのだろう。今年推奨の1台。

(文=小林彰太郎/写真=トヨタ自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。