マツダ、パリサロンに欧州版デミオなどを出展

2002.09.04 自動車ニュース
 

マツダ、パリサロンに欧州版デミオなどを出展

マツダは、2002年9月26日から10月13日までフランスで開催される、“パリサロン”こと「パリオートショー」(正式名:Mondial de l'Automobile)に、同社初の本格的な欧州生産モデル「Mazda2」(日本名デミオ)や、新開発の直噴ディーゼルエンジンを搭載する「Mazda6」(同アテンザ)などを出展する。


【写真上】2002年8月、6年ぶりにフルモデルチェンジしたデミオの欧州版「Mazda2」。
【写真下】「Mazda6 MPS Concept」。新形状の5ポイントグリルや、大口径のエアインテークを採用し、スポーティさを強調。前後バンパーの形状変更により、空力特性を向上させると同時に、安定感を高めたという
 

「Mazda6」に続く、マツダの次世代商品第2弾という位置付けの「Mazda2」は、2003年初めに、フォードのスペイン・バレンシア工場で生産が始まる。欧州版デミオのエンジンラインナップは、1.25リッター、1.4リッター、1.6リッターのガソリンと、コモンレール式1.4リッター直噴ディーゼルの計4種類。マニュアル操作可能のAT「オートマチック・シフト・マニュアル・トランスミッション」も設定される。

マツダが新開発した2リッター直噴ディーゼルターボ「MZR-CD」も目玉のひとつ。超高圧で燃料噴射するコモンレールシステムなどを採用し、高い静粛性と動力性能、そして環境性能を両立させたと謳う。136psと120psの2仕様があり、最大トルクはともに31.6kgm/2000rpm。同エンジンはMazda6に搭載される。

コンセプトカーとして、Mazda6の高性能版「Mazda6 MPS Concept」も出展。ガソリンエンジンの2.3リッター直噴ターボ「MZR」(280ps/6500rpm、36.7kgm/3500rpm)、電子制御トルクスプリット4WDを搭載するこのモデルは、日、米、欧の排出ガス規制に適応させるなど、低エミッションと低燃費がジマンだ。マツダのブランドシンボルを表した5ポイントグリルや大開口エアインテーク、黒基調の内装などでスポーティさを演出する。

(webCGオオサワ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る