ルノーのコンセプトカー「エリップス」

2002.09.03 自動車ニュース
 

ルノーのコンセプトカー「エリップス」

ルノーから、パリサロン(Mondial De L'automobile)に出展する予定のコンセプトカー「エリップス」が2002年9月2日付けで発表された。「クルマと環境が調和する時代が到来したことを告げる」モデルで、燃費のよさと、リサイクルのしやすさに焦点が当てられた。


【写真上】文字通りの「グリーンハウス」をもつエリップス。柔らかいアーモンド、ライトブルーといった色が使われる。
【写真下】使用方法が直感的にわかる「タッチデザイン」を採り入れた操作系。エリップスは、インパネ上部に、ドライバー用と同乗者向け、2つのディスプレイをもつ。中央の「マルチファンクション・コントロール・パネル」には、エアコン、ラジオ、ナビゲーションシステムなどの操作情報が表示される。メンテナンス情報、個人情報をメモリーさせることも可能だ。
 

全長3.9mのハッチバックボディに、100psを発生する1.2リッターターボディーゼルを搭載。16バルブのパワーソースは、12kWの「スターター・オルタネーター」と組み合わされる。980kgという軽量ボディを活かし、100kmを3.2リッターの燃料で走れる、とルノーは主張する(リッター約31km)。
オルタネーターは、42V電源用発電機として働くほか、エンジンスタート、動力の補助としても使われる。短距離なら、モーターだけでクルマを動かすことも可能だ。つまり、エリップスは、一種のハイブリッドカーである。


観音開きになるサイドドア。リアドアは、通常の前ヒンジでの開閉もする。シートのクッションには「メモリーフォーム」機能が備わり、座るヒトの体にフィットする。リクライニングして、キャビンのフロアに(!)倒すこともできるという。
 

もうひとつの特長、リサイクルに関しては、たとえば「ボンネット」「フェンダー」「車両後部」は、リサイクル材であるポリプロピレンでつくられる。防音材も、やはりリサイクルされた衣料からの植物繊維、包装材やプラスチックボトルからのポリエステル繊維が使われる。そのほか、各パーツの取り外し、分類のしやすさにも注意が払われた。
リサイクルが困難な油脂類の使用を抑えるため、ブレーキ、ステアリング、ギアボックスのパーツ駆動のため、「x-by-wire」と呼ばれる電子アクチュエータが開発されたという。

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。