【スペック】全長×全幅×全高=4155×1735×1455mm/ホイールベース=2515mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(150ps/5700rpm、21.4kgm/1750-4600rpm)/車両本体価格=340.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフGTX(5AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフGTX(5AT) 2002.08.31 試乗記 ……340.0万円総合評価……★★★

ターボラグジュアリー

ゴルフIVデビュー以来、「GTI」は機関的差異、つまり“韋駄天”バージョンを意味するグレード名ではなく、スポーティな装い、言い換えると「トリムレベル」を表す言葉となった。だから、同じ1.8リッターターボモデルでも、内装が変更されると名称が変わる。
「GTX」は、レカロ社製レザーシートが奢られたゴルフの最豪華版。「オートエアコン」「レインセンサー付きワイパー」「自動防眩ルームミラー」、さらには「ナビゲーションシステム」標準装備と至れり尽くせり。「GTI」との価格差は41.0万円だから……と悩むヒトより、お金持ちの“買い物グルマ”として設定された、ハズだ。かつてのルノー「バカラ」のように。「GTI」よりひとまわり小さく厚いタイヤで優雅に走るターボラグジュアリー。
なお、2002年モデルから、ゴルフターボモデルのオートマチックトランスミッションが4段から5段(シーケンシャルモード付き)にステップアップ。スペック上も高級(スポーティ)ハッチに。が、コンピューターがまだ5ATを使いこなせてない印象で。ゴー、ストップを繰り返す都市部だと、頻繁になったシフトが気になる場面も。むしろユーザーが恩恵を被るのは、当局の不当な規制から脱したドアミラーの大型化。ゴルフシリーズ全車、横幅が5cm伸びた。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
初代ゴルフのデビューは1974年。「ハッチバック」という車型を大衆車のスタンダードにした。デザインを手がけたのは、いわずとしれたジウジアーロ。
4代目となる現行モデルは、1997年に登場した。本国では、3/5ドア、ワゴン、そしてカブリオレがラインナップに載る。エンジンラインナップも豊富で、1.4リッター直4から2.3リッターV5、2.8リッターV6、さらに5種類もの出力バリエーションをもつ1.9リッターディーゼルがカタログに載るが、日本に入るのは直4モデルのみ。ゴルフIVは、フルモデルチェンジ翌年の98年から販売が開始された。
いわゆる2002年モデルのゴルフは、全グレード、サイドミラーが大きくなった。ターボモデルに5段ATが奢られたのもニュース。
(グレード概要)
わが国での5ドアハッチのラインナップは、下からE(1.6リッターSOHC/4AT=219.0万円)、CLi(2リッターSOHC/4AT=249.0万円)、GLi(同/4AT=270.0万円)、GTI(1.8リッターDOHCターボ・インタークーラー付き/5MT=289.0万円、同/5AT=299.0万円)、GTX(同/5AT=340.0万円)の5種類。
「GTX」は、「GTI」をベースに、レカロ製レザーシートが用いられる豪華版。装備も充実。タイヤサイズはコンフォートを重視し、GTIの「205/55R16」から「195/65R15」に変更された。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
つや消し黒が支配する室内。標準装備のナビゲーションシステムのディスプレイまわりには、控えめにブラックウッドパネルが使われる。スポーティを前面に押し出した「GTI」と異なり、ラグジュアリー寄りの「GTX」には、フロントセンターアームレストが用意される。小物入れにもなる。シートに合わせて革製だ。
速度計と回転計に挟まれた「マルチファンクションインジケーター」には、ステアリングコラムから右側に生えたワイパーレバー先端のボタンを押すことで「瞬間燃費」「平均燃費」「走行距離」「運転時間」「外気温度」を順に表示することができる。地球環境を考えたドライビングに寄与するほか、渋滞時の時間つぶしにもいい。
(前席)……★★★
革巻きステアリングホイールは、チルト(上下)テレスコピック(前後)が可能。GTXの目玉、ブラックレザーのレカロシートは、手動でスライドでき、運転・助手席とも座面横のレバーを上下させるラチェット式のハイトコントロールおよびダイヤル式のランバーサポートが備わる。好みのドライビングポジションを取りやすい。背もたれの、大仰に張り出したサイドサポートがスポーティ。張りの強いレザーにクッションが詰め込まれ、乗員の体重が軽いと弾かれる感じ。革の質感はほどほど。上級グレードらしく、シートヒーター付きだ。
(後席)……★★★
前席同様、RECAROの革シート。座面は短めだが、膝前、頭上とも実用的なスペースが確保され、足先は前席の下に入れられる。左右の3点式シートベルトは、取り付け位置を上下できる。従来通り、ヘッドレストは2つなので、ゴルフのリアシートは実質ふたり用。センターには、小物入れにもなる大きなアームレストが備わる。
(荷室)……★★★
330リッターの容量(ISO法)をもつラゲッジルーム。床面最大幅100cm、奥行き82cm、パーセルシェルフまでの高さ50cm。リアシートは、ダブルフォールディングが可能で、その場合、140cmまで奥行きが延びる。12Vのアクセサリー電源ソケットあり。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
1750rpmというオートマ車の常用域から最大トルクを発生する、フラットな特性をほこるパワーソース。5バルブの1.8リッターユニットのアウトプットを、過給器がやんわり底上げする。MTモデルだと少々もっさりしたフィールだが、トルクコンバーターをもつATと組み合わされると、穏やかで力持ちな美点が強調される。ただし、注目の5段ATからは、期待されたほどのスムーズさは感じられなかった。出足のよさと狙ったギア比が採られたが、速度が細かく変化する都心では、シフトアップを迷ったり、頻繁に変わるギアが気になることも。今後、プログラムの熟成が進められるのだろう。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
街乗りでは、ゴルフ一族に共通する生真面目な硬さをみせる。走行距離2000kmに達しないまっさらな新車ということもありましょうが……。一方、ハイスピードクルージングは得意。スロットルペダルに軽く足を載せているだけで、あたかも新幹線のように(?)スタビリティ高く疾走する。山道では、落ち着いた身のこなしを見せる。フラットなターボエンジンを積むせいもあり、ドライバーがエキサイトすることはない。「GTX」はタイヤサイズが「GTI」よりワンサイズ落とされ、ブレーキディスクも小さくなるが、それが気になる際は、自分の“走り”を反省した方がいい。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2002年7月26から30日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:1757km
タイヤ:(前)195/65R15 91V/(後)同じ(いずれもMichelin Pilot Primacy)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(6):山岳路(2)テスト距離:349.7km
使用燃料:61.2リッター
参考燃費:5.7km/リッター







写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。







この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る