メルセデスベンツ「Cクラス ステーションワゴン」を一部改良

2002.08.31 自動車ニュース

メルセデスベンツ「Cクラス・ステーションワゴン」を一部改良

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Cクラス・ステーションワゴン」を一部改良するとともに、4WDモデル「C240 4 MATIC ステーションワゴン」を追加設定し、2002年8月29日から販売を開始した。

今回の一部改良では、従来の2リッター直4スーパーチャージャー付きエンジンに代わり、1.8リッターDOHCスーパーチャージャー付きエンジンを導入。コントロールユニットのチューニングにより、出力の異なる2バージョンが用意され、「C180 コンプレッサー ステーションワゴン」に通常版(143ps/5200rpm、22.4kgm/2500〜4200rpm)が、「C200 コンプレッサー ステーションワゴン」にハイチューン版(163ps/5500rpm、24.5kgm/3500rpm)が搭載された。
ちなみに、従来の2リッター直4DOHCスーパーチャージャー付きは、最高出力163ps/5300rpm、最大トルクは23.5kgm/2500〜4800rpm。

さらに、Cクラス初となる4WDモデル「C240 4 MATIC ステーションワゴン」が設定されたこともニュース。フルタイム4WD機構を搭載するのに加え、滑りやすい路面での走行時などに、4輪それぞれのブレーキやエンジン出力を制御し走行安定性を高める「4エレクトロニックスタビリティプログラム」を装備する。

装備面では、「C320 ステーションワゴン」「C32 AMG ステーションワゴン」に、クリアレンズを使用したバイキセノンヘッドランプを採用。また、3.2リッターモデルに標準装備されていた、ナビゲーションシステムとオーディオを統合した、「マルチファンクションコントローラー」を、「C240 ステーションワゴン」と「C240 4MATIC ステーションワゴン」にも標準装備した。

価格は、以下の通り。

C180 コンプレッサー ステーションワゴン:415.0万円
C200 コンプレッサー ステーションワゴン:475.0万円
C240 ステーションワゴン:555.0万円
C240 4MATIC ステーションワゴン:585.0万円
C320 ステーションワゴン:630.0万円
C32 AMG ステーションワゴン:890.0万円

(webCGオオサワ)

http://www.mercedes-benz.co.jp/showroom/passenger/c_class_sw/index.html

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る