【スペック】モビリオ W:全長×全幅×全高=4055×1685×1740mm/ホイールベース=2740mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC8バルブ(90ps/5500rpm、13.4kgm/2700rpm)/車両本体価格=159.9万円

ホンダ・モビリオ W【試乗記】

ちょっと小さめ、より実質的 2002.08.29 試乗記 ホンダ・モビリオ Wコンパクトなボディに3列シート7人乗りを実現した「フィット」ベースのミニバン「モビリオ」。自動車ジャーナリストの下野康史が乗った。会員コンテンツ「Contributions」より再録。

最大7人乗りのマルチワゴン

世界一ミニバンをたくさん売っているF1メーカーの新型7シーター・コンパクトミニバン。センタータンク・レイアウトのフィット用プラットフォームに手を加えた低床車台に、全長4mちょっとの背高ボディを載せる。
ヨーロッパの路面電車をイメージしたというそのボディは、そうとうヘン。とくにウエストラインの低さ、つまり、サイドガラスの巨大さは、クルマに近づいて、ドアの取っ手に手をかけるたびにギョッとする。空港で働く特装車のおもむき。

だが、乗っちゃあ、ふつう。90psの1.5リッター4気筒SOHCは滑らかで、パワーも十分。乗り心地は快適。身のこなしもこじっかりで、高い全長から想像するフワフワ感はない。小さめのステアリングホイール(37cm径)による操舵感も、背の低い乗用車と大差ない。外観はこんなでも、運転感覚をシャキッと演出するウマさは、いまや「ミニバンのホンダ」ならでは。
狭いところでも開けられる両側リア・スライドドアは便利。このクラスでイージークローザー機構を備えるのも高ポイント。7人乗りといっても、3列目の2人分が子供用のスペースしかないのはカローラ・スパシオと同じ。

オデッセイに対するステップワゴンが、ちょうどストリームに対するモビリオの関係に似ている。つまり、後者のほうがちょっと小さめで、より実質的ということ。ホンダが好きで、このカッコがヤじゃなくて、最大7人乗りのマルチワゴンがほしいという人には、もちろんお薦め。しかし、こういう出で立ちのクルマって、僕はタクシーにこそ必要だと思いますが。

(下野康史/2002年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る