ダイハツの軽「ミラ」が乗用車に

2002.08.29 自動車ニュース

ダイハツの軽「ミラ」が乗用車に

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラ」に1リッターエンジンを搭載した乗用車「ミラジーノ1000」を、2002年8月23日に発売した。同時に、軽「ミラジーノ」シリーズの一部を改良した。

「ミラジーノ1000」は、軽「ミラジーノ」をベースに、「YRV」などと同じ1リッター直3 DOHC12バルブエンジン(64ps/6000rpm、9.6kgm/3600rpm)を搭載し、乗用車としたモデルだ。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=3415×1495×1425mmと、長さと幅がそれぞれ軽プラス20mmに。ホイールベースは同じ2360mmとなる。
スタイリングはミラジーノのものをほぼ踏襲。専用デカール「1000」のマークが乗用車の証。内装は黒基調で、各種ウッド調パーツを配し、スポーティ感と高級感を演出した。
価格は、2WDが108.5万円、4WDは120.5万円。CD/MDステレオや14インチアルミホイールなどを装備した上級グレード「X」は、それぞれ7.3万円高。

一方軽の「ミラジーノ」では、フロントグリルやリアライセンスガーニッシュを新デザインとするなどした。また0.66リッター直3 DOHC12バルブターボ・インタークーラー付きエンジン(64ps/6400rpm、10.9kgm/3600rpm)を載せた新グレード「ミラジーノターボ」(2WDが108.8万円、4WDは120.8万円)を新設定した。
2WD+5段MTの86.8万円から、4WD+4段ATの131.8万円まで。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「ミラ」:
http://www.daihatsu.co.jp/mira/index.htm

 
ダイハツの軽「ミラ」が乗用車にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る