プジョー「406」シリーズなどを値下げ

2002.08.28 自動車ニュース
 

プジョー「406」シリーズなどを値下げ

プジョージャポンは、ミドルクラス「406」の3リッターV6モデルと、「106」「206」のホットモデル「S16」の販売価格を引き下げ、2002年9月2日から販売を開始する。


写真上:プジョー「406セダン」
写真下:プジョー「106 S16 リミテッド」
 

今回値下げされる「406」シリーズは、3リッターV6DOHC(206ps/6000rpm、29.0kgm/3750rpm)を搭載するモデル。「セダンV6」が40.0万円、「ブレークV6」が39.0万円、「クーペV6」は、60.0万円価格を引き下げた。フォード「モンデオ」やオペル「ベクトラ」などライバルひしめくミドルクラスで、価格競争力を高める戦略的な値下げという。

価格は、セダンV6が369.0万円、ブレークV6が384.0万円、クーペは460.0万円。


プジョー「206」
 

さらに、コンパクトカー「106 S16」と、「206」のスポーティモデル「206 S16」の2車種も値下げされ、呼称も「106 S16 リミテッド」と「206 S16 リミテッド」に変更。加えて、両モデルにMDプレーヤーと6連装CDチェンジャーが、「106 S16 リミテッド」には、レザーシートが標準装備となった。
価格は、「106 S16 リミテッド」(左ハンドル、5MT)が、10.0万円引き下げの225.0万円。「206 S16 リミテッド」(右ハンドル、5MT)は、8.0万円プライスダウンの237.0万円となる。

(webCGオオサワ)

http://www.peugeot.co.jp

関連キーワード:
406セダンプジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 2018.2.22 画像・写真 仏プジョーは2018年2月22日、フラッグシップセダン「508」の新型を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • ジャガーEペースR-Dynamic S P300 AWD/EペースS D240 AWD【海外試乗記】 2018.2.21 試乗記 ジャガーの新型コンパクトSUV「Eペース」がいよいよ公道に降り立った。“身の丈サイズ”のボディーに力強い2リッターエンジンを搭載し、スポーティーなフットワークを備えた「Fペース」の弟分の仕上がりは上々。ヒットの予感に満ちている。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
ホームへ戻る