第5回:こうしてCAR検を攻略せよ!

2007.07.04 CAR検 コージと由美の知ってうれしい、受けて楽しい、自動車文化検定「CAR検」




第1回自動車文化検定(3級、2級)試験は2007年10月14日に、全国3都市で実施されます。

これが試験攻略の決定版!
CAR検公式テキスト(左)と公式問題集(右)。それぞれ1680円と1260円で、2007年8月3日に発売されます。
お求めは全国有名書店もしくは、二玄社書店にて。



■クルマ好きになれば、想いを伝えられる

コージ: しかしクルマ好きに苦い思い出って……、一体なによそれ?
由美: あんまり言いたくないから続きは今度しゃべることにして(笑)……(8月にコージ&由美のCAR検トークショーが行われます)、クルマ好きの男の人って、女性よりもクルマを大切にする傾向があるでしょ。最初は大事にしてくれてても、だんだん扱いがぞんざいになってくるのよね〜。
コージ: (ギクッ!!)いや、ハッキリ言ってそれは誤解だよ! コージ理論によると真実は違っていて、情けない話、日本の男は全般的に女性の扱いが下手なんだよね。ぞんざいにするというより、大事にする仕方を知らなくて、それはクルマ好きに限った話じゃないの。日本人男性全体の傾向であって、別に「釣った魚にゃエサやらない」わけじゃないんだよ……もちろんそういうヤツもいるけどさ。
由美: そんなコト、エラソーに言わないでくれる?
コージ: いやいや、エラソーだとかそういう問題じゃなく、それは本当の話。逆に俺はクルマ好きの男の方が根はマジメだし、カワイイもんだと思うよ。そもそも女よりクルマのが好きだなんて、そのほうがガキっぽくて安心できるじゃない?
由美: 確かに心の底からの悪人は少ない気がするけど……。
コージ: そうそう、だから由美ちゃんも安心してこの世界に入ったわけでしょう!
由美: ってわけでもないと思うけど(笑)


コージ: それよりドライビングスクールのインストラクターやってて、なぜにエッセイストになったわけさ? リバイバルプランがあったとはいえね。
由美: モデルの仕事を減らしてインストラクターやってたら、いまさらモデルの仕事に戻れなくなっちゃったのよ。コネも減ってたし、日にも焼けちゃったし、こんなアタシをどうしてくれる? って感じで(笑)。
コージ: なんとも正直な……しかしなるほどね。途中でハシゴを外されちゃったわけだ。だから仕方なくこの道に……。
由美: 別に仕方なくってわけじゃないのよ。インストラクターとして繰り返し人にクルマのことを教えてるうちに、そういうお仕事が楽しくなってきちゃったみたいなのよね。人にモノを教えるって難しいけど楽しいじゃない。なにより自分が本当に楽しいと思うこと、自分が実感してることしか伝わらないのよね。
コージ: いいこというねぇ! その通り、自分が楽しまないと人にも伝わらないんだよね。
由美: だから最初はうまく伝えられなかったけど、なんとか伝えようと努力したんだよね。自分でもいろいろトライしてみて。そしたらで私が教えた後に、クルマの運転になんか全然興味がなかったおばちゃんが「あー面白かった!」なんて言ってくれたりして、そしたら嬉しくなってきて、だんだんこのお仕事が面白くなってきちゃったのよ。
コージ: エライ! いいじゃないそういうの。俺もそうだけど、自分なりの言葉で自分なりの楽しさを人に伝えるのってすごく楽しいし、それこそがジャーナリズムの基本だと思うんだよ。由美ちゃんには由美ちゃんにしか伝えられないことが絶対あるし、それは実際、今の由美ちゃんの仕事によく表れてるよね。知らないことは絶対書いてないという……(笑)。
由美: 仕方ないじゃないの。書けないんだから。


コージ: いやいや、それこそが素晴らしいわけですよ。だからさらにCAR検で知識を増やして、自分の言葉が増えるといいねって話で。
由美: そうよね。もっと勉強すればいろんなことが伝えられるかも。
コージ: 今日は専門書を読むだけが勉強じゃないこともわかったでしょ。ニュースや映画、マンガなんかもかっこうのネタだし、運転してるときに感じることや人との会話だって大いに勉強だよ。
由美: 楽しめるだけじゃなくて、なんか可能性も見えてくるね。
コージ: そうそう、ついでにダンナも自然に見つかるかもしれないしさ。
由美: おーきなお世話ですっ!


コージ: ところで模擬テストは何点だったわけ?
由美: ……、言えない。トークショーで言うから勘弁して!
コージ: あー、うまいなぁ。ジラシが。でもそうやってジラしてばっかりいると大事なものが逃げちゃうかもよ(笑)。
由美: もー、ホントにうるさいよっ!

(終わり)
topへ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。