今月の名車列伝(2011年4月)

「日刊!名車列伝」はトップページ2ヶ所からアクセスできます。

「名車列伝」4月のテーマ

世界中の名車をテーマごとに紹介する「日刊!名車列伝」は毎日更新。画像とスペックに加え、『mobileCG』独自の解説も必読です。さらに画像はすべて待ち受け画面として設定可能。毎日一台ずつ追加される画像もご期待ください。

2011年4月は、マイナーだから価値がある!?  欧州“迷車”特集をお送りします。
1949 ヒーレー シルバーストーン/1960 ボルクヴァルト 2.3リッター/1963 ネッカー ヤクスト/1968 ジネッタ G15/1971 ボンド バグ/1973 トライデント クリッパー/1984 ティックフォード カプリ

panther200.jpg
種類:ガソリン 4サイクル/冷却方式:水冷/シリンダー配置:直列/気筒数:4/排気量:1998cc/最高出力:129ps/5700rpm/最大トルク:16.9kgm/4500rpm/燃料供給装置:キャブレター/キャブレター数:2/過給装置:―

今月の一台

パンサー・リオ

「J72」や「ド・ヴィル」、「レイザー」など異色の高価格車ばかりを造ってきたパンサーが、1975年8月に送り出した“まとも”な4ドア5座サルーン。当時、バランスの取れたスポーティーサルーンとして評価されていた「トライアンフ・ドロマイト」をベースに、小さな高級車を狙って新しい外観を与えたものである。

パワートレーンやサスペンションなど、メカニカルコンポーネンツはすべてドロマイトからの流用で、ノーマル版には直4SOHC1854cc(91ps)、高性能版の「リオ・エスペシャル」にはスプリント用の、SOHCながら16バルブを持つ1998cc(129ps)ユニットが搭載された。ギアボックスはノーマル版は4段MT、エスペシャルは4段MT+ODが標準。

ロールス・ロイスを模したグリルを持つ外観同様、内装も小さなロールスといった雰囲気で、豪華に仕立て上げられた。しかし価格はエスペシャルで標準のドロマイト・スプリントの約3倍にあたる9000ポンド近くにも達し、商業的には完全な失敗作だった。総生産台数は38台に過ぎない。
  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
週間アクセスランキング (総合)
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!