今月の名車列伝(2011年1月)

「日刊!名車列伝」はトップページ2ヶ所からアクセスできます。

「名車列伝」1月のテーマ

世界中の名車をテーマごとに紹介する「日刊!名車列伝」は毎日更新。画像とスペックに加え、『mobileCG』独自の解説も必読です。さらに画像はすべて待ち受け画面として設定可能。毎日一台ずつ追加される画像もご期待ください。

2011年1月は、規制の時代を駆けぬけた、280psの日本車たちをお送りします。
1990 マツダ コスモ/1992 トヨタ クレスタ/1992 ホンダ NSX タイプR/1993 富士重工 レガシィ/1996 三菱 ランサー/1997 三菱 パジェロ

GT-R_200.jpg
種類:ガソリン 4サイクル/冷却方式:水冷/シリンダー配置:直列/気筒数:6/排気量:2568cc/最高出力:280ps/6800rpm/最大トルク:36.0kgm/4400rpm/燃料供給装置:電子制御燃料噴射/キャブレター数:―/過給装置:ターボチャージャー×2

今月の一台

日産スカイラインGT-R

1989年8月、実に16年ぶりに復活を遂げた「スカイラインGT-R」は、心情的、あるいは懐古的なモデルなどではなく、最新鋭の超弩級スーパースポーツ、そしてレーシングベースモデルであった。

かねてから日産自動車が全社一致で取り組んでいた901運動(1990年までに日産が世界で一番優れたハンドリングを持つことを目指した運動)で鍛え上げた4輪マルチリンクのサスペンション、「ポルシェ959」にも匹敵する電子制御トルクスプリット式4WDシステム、そしてストックでは自主規制値の280psに留まりながらも、潜在的には600ps級のチューンも見越して通常の市販エンジンとは全く違うレベルで造り込まれたRB26DETT型ストレート6DOHC24バルブツインターボユニットなど、これまでの日本製スポーツクーペの常識からすれば正に異次元のスーパーマシーンである。

最大の目的たるグループAツーリングカーレースは、ただの1度も勝利を明け渡すことのない完全勝利を、参戦した全シーズンで達成するという超人的活躍を見せた。

デビュー後も進化の手は休むことなく、冷却とブレーキ問題を随時解決した限定モデル、「Vスペック」がレースの現場にて必要に迫られる度ごとに追加された。
  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
週間アクセスランキング (総合)
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!