今月の名車列伝(2010年10月)

「日刊!名車列伝」はトップページ2ヶ所からアクセスできます。

「名車列伝」10月のテーマ

世界中の名車をテーマごとに紹介する「日刊!名車列伝」は毎日更新。画像とスペックに加え、『mobileCG』独自の解説も必読です。さらに画像はすべて待ち受け画面として設定可能。毎日一台ずつ追加される画像もご期待ください。

2010年10月は、スポーツの秋、スポーツカー特集をお送りします。
1960 ロータス エリート/1961 BMC ミジェット/1965 デ・トマゾ 1500ヴァレルンガ/1968 フェラーリ 206GT/1976 アルピーヌ A110ベルリネット/1992 ホンダ NSX タイプR/1999 クライスラー ヴァイパー

MR2_200.jpg
種類:ガソリン 4サイクル/冷却方式:水冷/シリンダー配置:直列/気筒数:4/排気量:1587cc/最高出力:130ps/6600rpm/最大トルク:15.2kgm/5200rpm/燃料供給装置:電子制御燃料噴射/過給装置:―

今月の一台

トヨタMR2

トヨタは1983年秋の第25回東京モーターショーに、コンパクトサイズのミドシップスポーツカーを参考出品。このショーカーは、1984年6月に「トヨタMR2」の名を冠して市場に投入された。「MR2」のネーミングは、ミドシップ・ランナバウト2シーターの頭文字を取って命名されたもの。

日本初のミドシップカーは走りの楽しさにこだわる若者をターゲットに開発された。ウェッジシェイプボディにコンパクトなキャビンを被せた「MR2」は、低く構えたノーズ先端にリトラクタブル式ヘッドランプを配し、コクピットスタイルのインテリアもスポーツムード満点。低いダッシュボードに四角いメーターバイザーを組み合わせ、その両側にスイング状のスイッチを配した。

ドライバーズシートの背後にはカローラから譲り受けた1.5リッターの3A-LU型4気筒SOHCと、1.6リッターの4A-GELU型DOHC16バルブを搭載。レビン/トレノと同じ1.6リッターの4A-GELU型DOHCはグロス130ps/15.2kgmの実力。 トランスミッションは5段MTと電子制御4段AT(1.5リッターモデルは2ウェイ4段AT)が用意された。最初はムーンルーフだったが、これに代えて爽快なTバールーフも登場する。

1986年夏にマイナーチェンジを行ない、4A-GELU型DOHCにルーツ式スーパーチャージャーを装着した高性能モデルを追加。過給機のアシストによって動力性能はネット145ps/19.0kgmに跳ね上がる。
1987年夏には4A-GELU型エンジンの改良を実施した。
  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
週間アクセスランキング (総合)
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!