今月の名車列伝(2009年12月)

「日刊!名車列伝」はトップページ2ヶ所からアクセスできます。

「名車列伝」12月のテーマ

世界中の名車をテーマごとに紹介する「日刊!名車列伝」は毎日更新。画像とスペックに加え、『mobileCG』独自の解説も必読です。さらに画像はすべて待ち受け画面として設定可能。毎日一台ずつ追加される画像もご期待ください。

2009年12月は、ふたりで楽しめる、世界の2シーターをお送りします。

2人しか乗れないけれど、だから楽しめることもある。そんな世界の2シーターモデルを日替わりで紹介します。
1965 トヨタ スポーツ800/1954 トライアンフ TR2/1963 ロータス エラン/1935 ジャガー(SS) SS100/1972 アルファ・ロメオ スパイダー

3714.jpg
種類:ガソリン4サイクル/冷却方式:水冷/シリンダー配置:水平対向/気筒数:12/排気量:4943cc/最高出力:390ps/6300rpm/最大トルク:50.0kgm/4500rpm/燃料供給装置:電子制御燃料噴射/キャブレター数:―/過給装置:―

今月の一台

フェラーリ・テスタロッサ

フェラーリのフラッグシップたる12気筒ベルリネッタ、512BBiの後継モデルとして、1984年10月のパリサロンにて発表されたテスタロッサは、40余年に亘るフェラーリの歴史の中でもランドマークというべき大ヒット作となった。

512BBのホイールベースを50mm延長、キャビン直後の左右に配するという独特のラジエター位置によって、リア側が格段に広い独特の三角形状ディメンションが決定した。
前後ともダブルウィッシュボーン/コイルのサスペンションはBBからのキャリーオーバーで、リアの特徴的なツインショックアブソーバーもそのまま踏襲された。
BBシリーズに於ける最大のテクノロジー的特徴、180度V型12気筒“ボクサー”エンジンを上、クラッチ/トランスミッション/デファレンシャルの駆動系を下側に置く2階建て構造も踏襲される。

形式番号でF113Aと呼ばれるエンジンはDOHCヘッドを気筒あたり4バルブ化され、ボッシュKジェトロニック型インジェクションとの組み合わせで、512BBiと比べると50PSアップの390PS(EC仕様)を発揮、今度は現実的に290km/hをマークした。
カムカバーには、ネーミングの由来となったかつての傑作レーシングスポーツと同様に、赤く美しい結晶塗装が施されている。

ボディは左右ドアのサッシュなどにBB用のコンポーネントを流用するなどのデザイン的制約はあったものの、スピード感を巧みに表現したダイナミズム、フェラーリの旗艦となるスーパースポーツに相応しいエキゾチズムなどを存分に感じさせる、'80年代のスポーツカーデザインを代表する傑作といって良いもの。
特にボディサイドに彫り込まれた5条のフィンは、テスタロッサを特徴付ける最大の視覚的ポイントとなり、ミニチュア版たる348シリーズなどにも同じモチーフが使われた。

'87年秋には、燃料供給をボッシュK-Eジェトロニックに変更するなどの変更が加えられて新たにF113Bという形式ナンバーが与えられた新エンジン、センターロックから5穴に変えられたハブ+ホイールなど、細部に大きな変更が加えられた後期型にマイナーチェンジするが、こういった顕著な変更以外にも、1991年末に生産を終えるまで絶え間なく進化を繰り返していた。
  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
週間アクセスランキング (総合)
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!