今月の名車列伝(2008年7月)

「日刊!名車列伝」はトップページ2ヶ所からアクセスできます。

「名車列伝」7月のテーマ

世界中の名車をテーマごとに紹介する「日刊!名車列伝」は毎日更新。画像とスペックに加え、『mobileCG』独自の解説も必読です。さらに画像はすべて待ち受け画面として設定可能。毎日一台ずつ追加される画像もご期待ください。

2008年7月は、海へ山へ! みんなで乗れる名車特集をお送りします。

日本の自動車市場は、いまやミニバン花盛り。7月は、そんな7人以上乗れるクルマを、世界各国からご紹介いたします。
1925 アルファ・ロメオ RL/1935 ダイムラー・ベンツ 260D/1957 クライスラー インペリアル・ル・バロン/1961 チャイカ チャイカ/1969 東洋工業 ボンゴ/1984 ルノー エスパス/1994 ホンダ オデッセイ

8251.jpg
種類:ガソリン4サイクル/冷却方式:水冷/シリンダー配置:直列/気筒数:6/排気量:3739cc/最高出力:68.5ps/3200rpm/最大トルク:(未公表)/燃料供給装置:キャブレター/キャブレター数:1/過給装置:―

今月の一台

フィアット525

1928年、512のあとを継いでデビューした525は、1920年代にして既にフルラインナップ体制を確立していたフィアットにあって、その頂点に立っていた大型高級車。

ホイールベース3400mm、トレッドは前後ともに1460mmの巨大なシャシーに、水冷直列6気筒サイドバルブ3739cc・68.5psのエンジンを搭載し、6〜7シーターのベルリーナないしはリムジンボディを97km/hで走らせたという。また、油圧式ショックアブソーバーを初めて採用したフィアットでもある。

当時のローマ法王ピオ11世のため、ジョヴァンニ・アニエリとフィアット社はこのクルマをベースに製作した特装車をバチカンに献上し、永らく法王専用車として使用された。

この525は、発表から僅か1年後の1929年、ホイールベースを短縮した525Sや525Nに発展する。
  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
週間アクセスランキング (総合)
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!