BMW 7シリーズ、新たな仕様・装備で発売

2012.09.26 自動車ニュース
「BMW 7シリーズ」(写真は海外仕様車)
BMW7シリーズ、新たな仕様・装備で発売

「BMW 7シリーズ」、新たな仕様・装備で発売

BMWジャパンは、マイナーチェンジが施された「BMW 7シリーズ」を日本に導入。2012年9月26日に発売した。

ヘッドランプのアップ。ライトリングの上下がカットされた、新しいデザインが採用された。
ヘッドランプのアップ。ライトリングの上下がカットされた、新しいデザインが採用された。
 
BMW 7シリーズ、新たな仕様・装備で発売の画像
 
BMW 7シリーズ、新たな仕様・装備で発売の画像

■新エンジンで燃費向上

2009年3月に日本で発売されてから3年半、マイナーチェンジが施された5代目「BMW 7シリーズ」の販売が始まった。

内外装の主な変更点は、4灯式ヘッドランプやバンパーの形状、および液晶パネルを使ったメーターパネルの意匠など。
機能面では、他のBMW車でも採用されている“燃費優先の走行モード”「ECO PROモード」の追加や、ミリ波レーダーと車載カメラを併用する衝突回避・被害軽減ブレーキ機構「ドライビング・アシスト・プラス」の搭載(一部グレードを除く)が挙げられる。

中でも注目されるのは、新しくなったパワーユニットだ。
「740i/740Li」のエンジンは、これまでの3リッター直6ツインターボ(326ps/5800rpm、45.9kgm/1500-4500rpm)からより効率を高めた3リッター直6ターボ(320ps/5800rpm、45.9kgm/1300-4500rpm)に変更。燃費は、JC08モードで8.2km/リッターから12.1km/リッターへと5割近く向上した。
「750i/750Li」の4.4リッターV8ツインターボエンジンは、アウトプットを大幅にアップさせながら(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm→450ps/5500rpm、66.3kgm/2000-4500rpm)、約4割の燃費向上(6.7km/リッター→9.3km/リッター)を実現した。

ハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド7/アクティブハイブリッド7 L」については、449psの4.4リッターV8ツインターボエンジンと20psの電気モーターの組み合わせに代えて、320psの3リッター直6ターボと54psのモーターからなるハイブリッドユニットを採用。燃費は9.1km/リッターから14.2km/リッターへと向上した。
唯一、「760Li」に搭載されるターボ付きの6リッターV12エンジンだけは、据え置きとなる。

液晶を用いたメーターのアップ。走行モードによりグラフィックが変化する。
液晶を用いたメーターのアップ。走行モードによりグラフィックが変化する。
「アクティブハイブリッド7」のハイブリッドユニット。ベースのガソリンエンジンがV8から直6に代わるとともに、モーターの最高出力が引き上げられた。
「アクティブハイブリッド7」のハイブリッドユニット。ベースのガソリンエンジンがV8から直6に代わるとともに、モーターの最高出力が引き上げられた。

足まわりにも手が入れられており、ボールジョイントやラバーマウントは新たなものに変更。ロングホイールベースのモデル以外でも、リアにはエアサスペンションが与えられた。

iDriveを使って「iPhone」の専用アプリケーションを操作し、インターネットによるコミュニケーションや地図情報を活用する機能や、高級オーディオメーカーとして知られるバング&オルフセンの「ハイエンド・サラウンド・サウンド・システム」もオプションとして用意される。

価格は以下のとおり。(カッコ内はこれまでとの差額)

・740i:1022万円(+12万円)
・740Li:1092万円(+12万円)
・750i:1297万円(+97万円)
・750Li:1437万円(+107万円)
・760Li:1958万円(+38万円)
・アクティブハイブリッド7:1198万円(+82万円)
・アクティブハイブリッド7 L:1338万円(+82万円)

(webCG 関)

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.11.1 試乗記 BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……838万4000円

    「BMWアクティブハイブリッド3」は、3シリーズセダンで唯一、直6エンジンを積むモデルでもある。“絹のような”とたたえられた感触は、電化されたパワーユニットにも受け継がれているのだろうか?
  • BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)【試乗記】 2012.10.9 試乗記 BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)
    ……965万9000円

    BMWのミドル級セダン「5シリーズ」にハイブリッドバージョンが登場。その走りは、ガソリン車とどう違う? 燃費も含め、テストした。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る