BMW 7シリーズ、新たな仕様・装備で発売

2012.09.26 自動車ニュース
「BMW 7シリーズ」(写真は海外仕様車)
BMW7シリーズ、新たな仕様・装備で発売

「BMW 7シリーズ」、新たな仕様・装備で発売

BMWジャパンは、マイナーチェンジが施された「BMW 7シリーズ」を日本に導入。2012年9月26日に発売した。

ヘッドランプのアップ。ライトリングの上下がカットされた、新しいデザインが採用された。
ヘッドランプのアップ。ライトリングの上下がカットされた、新しいデザインが採用された。
 
BMW 7シリーズ、新たな仕様・装備で発売の画像
 
BMW 7シリーズ、新たな仕様・装備で発売の画像

■新エンジンで燃費向上

2009年3月に日本で発売されてから3年半、マイナーチェンジが施された5代目「BMW 7シリーズ」の販売が始まった。

内外装の主な変更点は、4灯式ヘッドランプやバンパーの形状、および液晶パネルを使ったメーターパネルの意匠など。
機能面では、他のBMW車でも採用されている“燃費優先の走行モード”「ECO PROモード」の追加や、ミリ波レーダーと車載カメラを併用する衝突回避・被害軽減ブレーキ機構「ドライビング・アシスト・プラス」の搭載(一部グレードを除く)が挙げられる。

中でも注目されるのは、新しくなったパワーユニットだ。
「740i/740Li」のエンジンは、これまでの3リッター直6ツインターボ(326ps/5800rpm、45.9kgm/1500-4500rpm)からより効率を高めた3リッター直6ターボ(320ps/5800rpm、45.9kgm/1300-4500rpm)に変更。燃費は、JC08モードで8.2km/リッターから12.1km/リッターへと5割近く向上した。
「750i/750Li」の4.4リッターV8ツインターボエンジンは、アウトプットを大幅にアップさせながら(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm→450ps/5500rpm、66.3kgm/2000-4500rpm)、約4割の燃費向上(6.7km/リッター→9.3km/リッター)を実現した。

ハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド7/アクティブハイブリッド7 L」については、449psの4.4リッターV8ツインターボエンジンと20psの電気モーターの組み合わせに代えて、320psの3リッター直6ターボと54psのモーターからなるハイブリッドユニットを採用。燃費は9.1km/リッターから14.2km/リッターへと向上した。
唯一、「760Li」に搭載されるターボ付きの6リッターV12エンジンだけは、据え置きとなる。

液晶を用いたメーターのアップ。走行モードによりグラフィックが変化する。
液晶を用いたメーターのアップ。走行モードによりグラフィックが変化する。
「アクティブハイブリッド7」のハイブリッドユニット。ベースのガソリンエンジンがV8から直6に代わるとともに、モーターの最高出力が引き上げられた。
「アクティブハイブリッド7」のハイブリッドユニット。ベースのガソリンエンジンがV8から直6に代わるとともに、モーターの最高出力が引き上げられた。

足まわりにも手が入れられており、ボールジョイントやラバーマウントは新たなものに変更。ロングホイールベースのモデル以外でも、リアにはエアサスペンションが与えられた。

iDriveを使って「iPhone」の専用アプリケーションを操作し、インターネットによるコミュニケーションや地図情報を活用する機能や、高級オーディオメーカーとして知られるバング&オルフセンの「ハイエンド・サラウンド・サウンド・システム」もオプションとして用意される。

価格は以下のとおり。(カッコ内はこれまでとの差額)

・740i:1022万円(+12万円)
・740Li:1092万円(+12万円)
・750i:1297万円(+97万円)
・750Li:1437万円(+107万円)
・760Li:1958万円(+38万円)
・アクティブハイブリッド7:1198万円(+82万円)
・アクティブハイブリッド7 L:1338万円(+82万円)

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 740i(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.9 試乗記 BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」がモデルチェンジを受けた。新機軸を多数搭載した“電子仕掛けの旗艦”は、その走りをどこまで進化させたのだろうか。ラインナップのベーシックグレード「740i」に試乗した。
  • BMW 740i(FR/8AT)【レビュー】 2015.11.25 試乗記 新機軸を満載して攻めの姿勢を見せる新型「BMW 7シリーズ」。果たして「駆けぬける歓び」は守れたのだろうか。7シリーズのラインナップで最もベーシックな位置付けの「740i」に試乗した。
  • BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表 2017.6.14 自動車ニュース 独BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表した。既存の「5シリーズ グランツーリスモ」の後継を担う大型の5ドアハッチバックモデルであり、2017年9月に開催されるフランクフルトショーにおいて世界初公開される。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 JAIA輸入車試乗会2017 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
ホームへ戻る