今月の名車列伝(2006年8月)

「日刊!名車列伝」はトップページ2ヶ所からアクセスできます。

「名車列伝」8月のテーマ

世界中の名車をテーマごとに紹介する「日刊!名車列伝」は毎日更新。画像とスペックに加え、『mobileCG』独自の解説も必読です。さらに画像はすべて待ち受け画面として設定可能。毎日一台ずつ追加される画像もご期待ください。

8月は、「“ファーストクラス”なオープンカー」を特集します。

長い梅雨がようやく明けて、いよいよ夏本番!
暑いとはいえ開放的なこの季節、高原や夜の街などでの“オープンエアモータリング”はまた格別です。
今月は、いわゆるスポーツカーやスーパーカーを中心に、煌びやかな「高級オープンカー」をご紹介いたします。
1966 シェルビー-AC コブラ/1967 フェラーリ 365カリフォルニア/1992 アルファ・ロメオアルファRZ/1995 ベントレー アズール/1997 ルノー・スポール スピダー……

aston_DB6v200.jpg
種類 :ガソリン4サイクル/冷却方式 :水冷/シリンダー配置 :直列/気筒数:6/排気量 :3995cc/最高出力:286ps/5500rpm/最大トルク:39.8kgm/3850rpm/燃料供給装置:キャブレター/キャブレター数:3

今月の一台

1970年 アストン・マーティンDB6 ヴォランテ

DB1以来アストン・マーティンのオープンモデルはドロップヘッドクーペと呼ばれていたが、1965年秋、DB5に代わるDB6の登場を機に名称がヴォランテに改められた。

最初の37台はDB6よりホイールベースが95mm短い2490mmのDB5シャシーを用いていたため、俗にショートシャシー・ヴォランテと呼ばれている。DB5ドロップヘッドクーペとの相違は、DB6に準じたオイルクーラー通気孔、テールライトのデザイン、2分割バンパーなどであった。
DB6シャシーを使ったヴォランテ(マーク1)が登場したのは1966年のロンドンショーで、幌が電動式となった。1969年8月には、太いタイアとパワーステアリングを備えたマーク2に発展。エンジンその他機構的にはサルーンと同じだが、車重は若干軽く、マーク1が1465kg、マーク2が1490kgであった。

DB6ヴォランテの生産台数は、マーク1が140台、マーク2が38台で、SWBモデルを加えても215台である。マーク2の中の9台は、ヴァンテージ・エンジンとZF5速ギアボックスを備えた希な仕様である。
  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
週間アクセスランキング (総合)
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!