「トヨタ・ノア」に装備充実の特別仕様車

2012.09.26 自動車ニュース

「トヨタ・ノア」に装備充実の特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「ノア」に特別仕様車「X“G Edition(Gエディション)”」を設定し、2012年9月25日に発売した。

今回の特別仕様車「X“Gエディション”」は、3列シートのベーシックグレード「X」がベース。

ディスチャージヘッドランプやコンライトなど上級グレード「X“Lセレクション”」に含まれる装備に加え、デュアルパワースライドドアやスマートエントリー&スタートシステム、快適温熱シート、前席の角度調整式アームレスト、プラズマクラスター、リアオートエアコンが与えられ、快適性が高められている。

ボディーカラーは、特別設定色「ボルドーマイカメタリック」を含む、全5色。めっきのアウトサイドドアハンドルや本革巻き&黒木目調の4本スポークステアリングホイール、高輝度シルバー塗装のドアスイッチベース、黒いジャージのシート表皮などで質感の向上も図られている。

価格は、8人乗りFF車の243万円から、7人乗り4WD車の266万円まで。

あわせて、既存の特別仕様車「X“Smart Edition(スマートエディション)”」には、ブラックのボディーカラーが新設定された。

(webCG)

「トヨタ・ノアX“Gエディション”」(写真のボディーカラーは特別色のボルドーマイカメタリック)
「トヨタ・ノアX“Gエディション”」(写真のボディーカラーは特別色のボルドーマイカメタリック) 拡大

関連キーワード:
ノアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る