第158回:こんなところに新型「日産ノート」が!? カーシェアリング用「ノート」にちょい乗りの記

2012.09.25 エッセイ

第158回:こんなところに新型「日産ノート」が!?カーシェアリング用「ノート」にちょい乗りの記

都内の、とあるコインパーキング。その一角には、カーシェアリング用のクルマが3台止まっている。「ヴィッツ」に「デミオ」に……あれっ? いつもと違う、見慣れないのが止まっているぞ。近づいてみると、出たばかりの新型「日産ノート」なのだった。

メディアは出遅れたか?

それにしても、お早い配車だ。新型「日産ノート」の発売は2012年9月3日。まだ、それほど町中で見ないクルマだというのに、もうカーシェアリング界へデビューである。プレス向けの試乗会も開かれていない(はずだ)から、ほとんどのメディアが試乗記を掲載していない。

もっとも、試乗記が皆無なわけではない。実際、サーチエンジンで検索すると、ちょこちょことヒットするはずである。ディーラーなどでいち早く試乗した有志が、ブログなどに試乗リポートをアップしているのである。

ひと昔前まで、まずはプレスが一番乗りで試乗したものなのに……。乗らぬはメディアばかりなり。時代は変わりつつあるようだ。

というわけで、筆者も負けてはいられない。今回は、いち有志として新型ノートに“早乗り”しちゃいます。

まず取り出したるはスマホ。筆者はこのカーシェアリングの会員なので、専用サイトにログインして、このノートの予約状況を調べる。ラッキーなことに午後はずっと空車になっている。そこですかさず予約。すると間髪を入れずに、筆者のスマホが「チャララン」と歌う。事務局から予約完了のメールが着信したのだ。

これですべて完了。新型ノートのカーシェアを発見してから、実際に乗るまでわずか15分。ドアを開け、シートに着いたら、いざ横浜。特に意味はないが、ちょうどいい距離なので日産のグローバル本社を目指した。

 
第158回:こんなところに新型「日産ノート」が!? カーシェアリング用「ノート」にちょい乗りの記の画像
インパネは、デザイン性と実用性の微妙なバランスが探られている。グローバルで年間販売35万台を目指す世界戦略車だけに、やりすぎは禁物?
インパネは、デザイン性と実用性の微妙なバランスが探られている。グローバルで年間販売35万台を目指す世界戦略車だけに、やりすぎは禁物?
1.2リッター直3自然吸気エンジンは、「マーチ」と同じ79ps/6000rpmと10.8kgm/4400rpmを発生。CVTの変速比もファイナルを含めてマーチと同じ。
1.2リッター直3自然吸気エンジンは、「マーチ」と同じ79ps/6000rpmと10.8kgm/4400rpmを発生。CVTの変速比もファイナルを含めてマーチと同じ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.27 試乗記 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)
    ……184万2750円

    燃費性能と使い勝手のよさをウリとする新型「日産ノート」。実際の燃費は? 走りや乗り心地は? 上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る