第158回:こんなところに新型「日産ノート」が!? カーシェアリング用「ノート」にちょい乗りの記

2012.09.25 エディターから一言

第158回:こんなところに新型「日産ノート」が!?カーシェアリング用「ノート」にちょい乗りの記

都内の、とあるコインパーキング。その一角には、カーシェアリング用のクルマが3台止まっている。「ヴィッツ」に「デミオ」に……あれっ? いつもと違う、見慣れないのが止まっているぞ。近づいてみると、出たばかりの新型「日産ノート」なのだった。

メディアは出遅れたか?

それにしても、お早い配車だ。新型「日産ノート」の発売は2012年9月3日。まだ、それほど町中で見ないクルマだというのに、もうカーシェアリング界へデビューである。プレス向けの試乗会も開かれていない(はずだ)から、ほとんどのメディアが試乗記を掲載していない。

もっとも、試乗記が皆無なわけではない。実際、サーチエンジンで検索すると、ちょこちょことヒットするはずである。ディーラーなどでいち早く試乗した有志が、ブログなどに試乗リポートをアップしているのである。

ひと昔前まで、まずはプレスが一番乗りで試乗したものなのに……。乗らぬはメディアばかりなり。時代は変わりつつあるようだ。

というわけで、筆者も負けてはいられない。今回は、いち有志として新型ノートに“早乗り”しちゃいます。

まず取り出したるはスマホ。筆者はこのカーシェアリングの会員なので、専用サイトにログインして、このノートの予約状況を調べる。ラッキーなことに午後はずっと空車になっている。そこですかさず予約。すると間髪を入れずに、筆者のスマホが「チャララン」と歌う。事務局から予約完了のメールが着信したのだ。

これですべて完了。新型ノートのカーシェアを発見してから、実際に乗るまでわずか15分。ドアを開け、シートに着いたら、いざ横浜。特に意味はないが、ちょうどいい距離なので日産のグローバル本社を目指した。

 
第158回:こんなところに新型「日産ノート」が!? カーシェアリング用「ノート」にちょい乗りの記の画像 拡大
インパネは、デザイン性と実用性の微妙なバランスが探られている。グローバルで年間販売35万台を目指す世界戦略車だけに、やりすぎは禁物?
インパネは、デザイン性と実用性の微妙なバランスが探られている。グローバルで年間販売35万台を目指す世界戦略車だけに、やりすぎは禁物? 拡大
1.2リッター直3自然吸気エンジンは、「マーチ」と同じ79ps/6000rpmと10.8kgm/4400rpmを発生。CVTの変速比もファイナルを含めてマーチと同じ。
1.2リッター直3自然吸気エンジンは、「マーチ」と同じ79ps/6000rpmと10.8kgm/4400rpmを発生。CVTの変速比もファイナルを含めてマーチと同じ。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
ホームへ戻る