【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1790kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(240ps/5500rpm、32.6kgm/1800-5000rpm)/価格=569万円(テスト車=584万円/セーフティー・パッケージ=15万円)

ボルボXC60 T5 R-DESIGN(FF/6AT)【試乗記】

つくづく上品 2012.09.25 試乗記 ボルボXC60 T5 R-DESIGN(FF/6AT)
……584万円

「ボルボXC60」のFFモデルに、スポーティーな内外装や足まわりを持つ特別仕様車が登場。その走りは? 乗り心地は?

3年たってもカッコいい

今年は、2009年8月に日本に導入された「ボルボXC60」にとって最大の転機になると思う。何もこのモデルに大がかりな変更があったわけではない。「レンジローバー イヴォーク」が日本で走り始めたのだ。

別に、イヴォークに客をとられるという意味ではない。イヴォークの隣に並ぶことで、XC60の持ち味がはっきりしたのだ。これまではただ「カッコいいミドルサイズのSUV」だと思っていたけれど、イヴォークと並べると、そのカッコよさが「より落ち着いた、エレガントなカッコよさ」だということがわかる。
イヴォークがグッチのモード服だとすれば、XC60はラルフ・ローレンのモダンなトラッド服。ライバルの登場で、XC60の立ち位置がはっきりした。

今回試乗するのは、8月にラインナップに加わった「XC60 T5 R-DESIGN」。このモデルにいたる、日本におけるボルボXC60の歴史を駆け足で振り返ると――。
2009年8月に日本への導入が始まった時は、3リッター直列6気筒ターボエンジン搭載の四輪駆動モデル「XC60 AWD T6 SE」だけの設定だった。翌2010年2月、内外装と足まわりにスポーティーな味つけを施した「R-DESIGN」が加わり、同年8月には2リッター直列4気筒の直噴ターボエンジンを積むFF(前輪駆動)の「XC60 T5 SE」が投入された。

この2リッターエンジンは、2012年モデルでは最高出力が203psから240psへと引き上げられている。そしてこの2リッターのFF版に追加された「R-DESIGN」仕様をここでは取り上げる。
ちなみに「R-DESIGN」の“R”とは「Refinement(リファインメント)」の“R”。「デザインと走りの融合」をテーマに、内外装と足まわりに手が加えられている。
ラジエーターグリルやエアインテークの縁、それにドアミラーやサイドスカートなどが専用パーツでキラっと輝く外観をチェック。抑えの利いた演出であること、それでも確実にノーマル仕様よりスポーティーさが増していることを確認してから乗り込む。

運転席まわりの様子。メーターの縁、ペダル、インストゥルメントパネル等には効果的にアルミが使われ、大人っぽいスポーティーな雰囲気を醸し出す。
運転席まわりの様子。メーターの縁、ペダル、インストゥルメントパネル等には効果的にアルミが使われ、大人っぽいスポーティーな雰囲気を醸し出す。
写真のフロントグリルのほか、フロントバンパー下のインテークの周囲や、ドアミラーのカバーには、ボルボが「シルクメタル」と呼ぶ落ち着いた光沢の素材が使われる。
写真のフロントグリルのほか、フロントバンパー下のインテークの周囲や、ドアミラーのカバーには、ボルボが「シルクメタル」と呼ぶ落ち着いた光沢の素材が使われる。
リアまわりでは、専用装備となる直径90mmの2本出しマフラーが目を引く。
リアまわりでは、専用装備となる直径90mmの2本出しマフラーが目を引く。
荷室の容量は、分割可倒式リアシートを倒すことで拡大できる。フロアには、小さめのバッグなどを固定するための跳ね上げ式ボード(写真中央)も備わる。
(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
荷室の容量は、分割可倒式リアシートを倒すことで拡大できる。フロアには、小さめのバッグなどを固定するための跳ね上げ式ボード(写真中央)も備わる。
(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る