「スバル・インプレッサXV」の新型がデビュー

2012.09.25 自動車ニュース
「スバル・インプレッサXV」
「スバル・インプレッサXV」の新型がデビュー

「スバル・インプレッサXV」の新型がデビュー

富士重工業は2012年9月25日、クロスオーバーSUV「スバル・インプレッサXV」の新型を同年10月5日に発売すると発表した。

ボディーカラーは、専用色の「タンジェリンオレンジ・パール」(写真)を含む全9色が用意される。
ボディーカラーは、専用色の「タンジェリンオレンジ・パール」(写真)を含む全9色が用意される。
こちらは、同じく専用色の「デザートカーキ」のもの。
こちらは、同じく専用色の「デザートカーキ」のもの。
→新型「スバル・インプレッサXV」の詳しい画像はこちら
→新型「スバル・インプレッサXV」の詳しい画像はこちら

スバルの「インプレッサXV」は、5ドアハッチバック車の「インプレッサスポーツ」をベースに、SUVらしい意匠が施されたクロスオーバーモデル。先代「インプレッサ」シリーズにおいても、その派生車種として2010年6月に発売されており、今回のモデルは2代目にあたる。

外観上は、やや高めの車高や、ホイールアーチおよびサイドシルのクラッディング(プロテクター)、オプションとして用意されるルーフレール、専用デザインの17インチアルミホイールなどが特徴。SUVが持つ力強さ、そして軽快感を表現したという。

ボディーサイズは、ルーフレールのない状態で全長×全幅×全高=4450(+35)×1780(+40)×1550(+85)mm(カッコ内は「インプレッサスポーツ」との比較)。最低地上高はベースモデル(145mm)より55mmアップの200mmが確保されるものの、全高は多くの立体駐車場にも対応できる寸法に抑えられている。
ホイールベースは「インプレッサ」よりも5mm短い2640mm。これは、長めのサスペンションが与えられたことによるものだ。

インテリアは既存の「インプレッサ」のものを踏襲。ソフト素材や金属の加飾パネルなどを採用し、質感を高めたという。
パワーユニットについても、先に「インプレッサ」で採用されている2リッターの水平対向4気筒エンジン(150ps/6200rpm、20.0kgm/4200rpm)が搭載される。JC08モードでの燃費値は15.8km/リッター。トランスミッションはCVTのみで、駆動方式は全車4WDだ。

一方、足まわりは、より剛性の高いリアのアッパーアームや硬めのブッシュ、専用セッティングのサスペンションが与えられるなど、「インプレッサXV」独自の仕立てとなる。

欧州やオーストラリアなど、広く海外でも展開されている同車だが、国内仕様車に限り、ステレオカメラを使った安全装備「EyeSight(ver.2)」も与えられる。スバルによれば、先行受注分の8割以上は、EyeSight装着車とのことである。

既存の「インプレッサ」と共通の2リッターの水平対向4気筒エンジン。スペック等も「インプレッサ」の4WDモデルと変わらない。
既存の「インプレッサ」と共通の2リッターの水平対向4気筒エンジン。スペック等も「インプレッサ」の4WDモデルと変わらない。
ルーフレール非装着車の外観。この状態での全高は1550mmで、オプションのルーフレールを装着するとさらに45mm高くなる。
ルーフレール非装着車の外観。この状態での全高は1550mmで、オプションのルーフレールを装着するとさらに45mm高くなる。

価格は以下のとおり。

・2.0i:219万4500円
・2.0i-L:236万2500円
・2.0i-L EyeSight:246万7500円

(webCG 関)


→新型「スバル・インプレッサXV」の詳しい画像はこちら

関連キーワード:
インプレッサXVスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る