「スバル・インプレッサXV」の新型がデビュー

2012.09.25 自動車ニュース
「スバル・インプレッサXV」
「スバル・インプレッサXV」の新型がデビュー

「スバル・インプレッサXV」の新型がデビュー

富士重工業は2012年9月25日、クロスオーバーSUV「スバル・インプレッサXV」の新型を同年10月5日に発売すると発表した。

ボディーカラーは、専用色の「タンジェリンオレンジ・パール」(写真)を含む全9色が用意される。
ボディーカラーは、専用色の「タンジェリンオレンジ・パール」(写真)を含む全9色が用意される。
こちらは、同じく専用色の「デザートカーキ」のもの。
こちらは、同じく専用色の「デザートカーキ」のもの。
→新型「スバル・インプレッサXV」の詳しい画像はこちら
→新型「スバル・インプレッサXV」の詳しい画像はこちら

スバルの「インプレッサXV」は、5ドアハッチバック車の「インプレッサスポーツ」をベースに、SUVらしい意匠が施されたクロスオーバーモデル。先代「インプレッサ」シリーズにおいても、その派生車種として2010年6月に発売されており、今回のモデルは2代目にあたる。

外観上は、やや高めの車高や、ホイールアーチおよびサイドシルのクラッディング(プロテクター)、オプションとして用意されるルーフレール、専用デザインの17インチアルミホイールなどが特徴。SUVが持つ力強さ、そして軽快感を表現したという。

ボディーサイズは、ルーフレールのない状態で全長×全幅×全高=4450(+35)×1780(+40)×1550(+85)mm(カッコ内は「インプレッサスポーツ」との比較)。最低地上高はベースモデル(145mm)より55mmアップの200mmが確保されるものの、全高は多くの立体駐車場にも対応できる寸法に抑えられている。
ホイールベースは「インプレッサ」よりも5mm短い2640mm。これは、長めのサスペンションが与えられたことによるものだ。

インテリアは既存の「インプレッサ」のものを踏襲。ソフト素材や金属の加飾パネルなどを採用し、質感を高めたという。
パワーユニットについても、先に「インプレッサ」で採用されている2リッターの水平対向4気筒エンジン(150ps/6200rpm、20.0kgm/4200rpm)が搭載される。JC08モードでの燃費値は15.8km/リッター。トランスミッションはCVTのみで、駆動方式は全車4WDだ。

一方、足まわりは、より剛性の高いリアのアッパーアームや硬めのブッシュ、専用セッティングのサスペンションが与えられるなど、「インプレッサXV」独自の仕立てとなる。

欧州やオーストラリアなど、広く海外でも展開されている同車だが、国内仕様車に限り、ステレオカメラを使った安全装備「EyeSight(ver.2)」も与えられる。スバルによれば、先行受注分の8割以上は、EyeSight装着車とのことである。

既存の「インプレッサ」と共通の2リッターの水平対向4気筒エンジン。スペック等も「インプレッサ」の4WDモデルと変わらない。
既存の「インプレッサ」と共通の2リッターの水平対向4気筒エンジン。スペック等も「インプレッサ」の4WDモデルと変わらない。
ルーフレール非装着車の外観。この状態での全高は1550mmで、オプションのルーフレールを装着するとさらに45mm高くなる。
ルーフレール非装着車の外観。この状態での全高は1550mmで、オプションのルーフレールを装着するとさらに45mm高くなる。

価格は以下のとおり。

・2.0i:219万4500円
・2.0i-L:236万2500円
・2.0i-L EyeSight:246万7500円

(webCG 関)


→新型「スバル・インプレッサXV」の詳しい画像はこちら

関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • オーテックから「セレナ」ベースの特別仕様車が登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2017年5月24日、ミニバン「セレナ」の「ライダー」および「ステップタイプ」に、特別仕様車「Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • 「日産セレナ」の特別仕様車「Vセレクション」登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年5月24日、「セレナ」に特別仕様車「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る