第2戦マレーシアGP決勝結果【F1 2013 速報】

2013.03.24 自動車ニュース

【F1 2013 速報】第2戦マレーシアGP、ベッテル優勝、レッドブルは遺恨を残す1−2フィニッシュ

F1世界選手権第2戦マレーシアGP決勝が、2013年3月24日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を56周して行われた。

リードするレッドブルとそれを追うメルセデスの2チーム、4ドライバーが白熱した戦いを繰り広げた今回、レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルがポールポジションから今季初優勝した。

2位にはマーク・ウェバーが入り、チャンピオンチームのレッドブルは2戦目にして1-2フィニッシュを達成したのだが、レース後の表彰台で喜びの表情はみえず。レース終盤にトップを走っていたウェバーに、チームメイトのベッテルがチームの指示を無視して襲いかかり首位を奪取。華々しい結果はチーム内に遺恨を残すカタチでもたらされた。

3位でゴールしたのはメルセデスのルイス・ハミルトン。移籍後初のポディウムとなるが、こちらもチーム采配を巡り複雑な面持ちだった。レース後半、燃費が厳しくなりペースが上がらないハミルトンの背後に、もう一人のドライバー、ニコ・ロズベルグが迫ったのだが、チームはポジションキープを指示。わだかまりが残るレースとなった。

表彰台にのぼれたはずの4位ロズベルグの後ろでは、フェラーリのフェリッペ・マッサが5位でゴール。深紅のマシンは予選2位の好機をリザルトにつなげられなかったが、オープニングラップでフロントウイングを壊し早々にリタイアした僚友フェルナンド・アロンソよりはいい結果に恵まれた。

ロータス・ルノーの2人はタンデム入賞、ロメ・グロジャン6位、そして開幕戦ウィナーのキミ・ライコネンは7位でチェッカードフラッグを受けた。ザウバー・フェラーリのニコ・ヒュルケンベルグは予選12位から8位入賞を果たし、マクラーレン・メルセデスのセルジオ・ペレスは9位で同チーム移籍後の初得点。そしてトロロッソ・フェラーリのジャン=エリック・ベルニュが10位でフィニッシュし、最後の1点を獲得した。

以下、11位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ・ルノー)、12位エステバン・グティエレス(ザウバー)、13位ジュール・ビアンキ(マルシャ・コスワース)、14位シャルル・ピック(ケイターハム・ルノー)、15位ギド・バン・デル・ガルデ(ケイターハム)、16位マックス・チルトン(マルシャ)、17位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、18位ダニエル・リチャルド(トロロッソ)が完走扱いとなった。

2戦を終え、4連覇を狙うベッテルがポイントを40点としチャンピオンシップ首位へ。2位ライコネンは31点、以下ウェバー26点、ハミルトン25点、マッサ22点と続く。コンストラクターズタイトル争いは、1位レッドブルが66点、26点差でロータスとフェラーリが続き、メルセデスは37点でランキング4位、フォースインディアは10点で5位に名を連ねている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。