ブリヂストン、SUPER GTの王座奪還に意欲

2013.03.21 自動車ニュース

ブリヂストン、SUPER GTの王座奪還に意欲

ブリヂストンは2013年3月21日、都内で記者会見を開き、2013年シーズンの「モータースポーツサポート計画」を発表した。

■「今年は気合が入ります」

タイヤメーカー大手のブリヂストンは、2013年シーズンも、国内外のさまざまなレースに競技用タイヤを供給する。

中でも、四輪の国内最高峰レースであるSUPER GTは、昨年、一昨年と2年連続で年間タイトルを逃しており、2013年は何としても王座を奪還したいところ。
「昨年は実にふがいない成績でした」と神妙な面持ちであいさつを始めた同社のモータースポーツ推進部長 二見恭太氏も、「今年は、日ごろタイヤの基礎研究にたずさわっているエンジニアを、モータースポーツの開発チームに関与させるなど、開発の体制を一新して取り組んでいます。必ずや“勝利するマシンの足元にブリヂストンがある”という形にしたい」と、いまから鼻息が荒い。

会場では、LEXUS TEAM SARDからそのSUPER GTのGT500クラスに参戦する、レーシングドライバー 脇阪寿一の姿も見られた。
昨シーズンはミシュランタイヤを履いて戦った脇阪だが、「今年のブリヂストンは、現場の開発陣の目つきからして違う。(勝利に向かって大きく後押ししてもらえそうな)いいタイミングで関わることができますね」と笑顔。「岡山でのシーズン前テストでも、すぐに順応できました。(本番での走りを)楽しみにしてます」と前向きなコメントを残した。

2013年のSUPER GTでは、GT500クラスにエントリーする15台中9台、GT300クラスの26台中2台がブリヂストンユーザーとなる。
そのほか国内レースでは、全日本選手権スーパーフォーミュラシリーズが同ブランドのワンメイクで開催され、全日本カート選手権、全日本ジムカーナ選手権の一部マシンにも、ブリヂストンタイヤが使用される。
また海外においては、アメリカ最高峰のインディカーシリーズに同社のファイアストンタイヤが単独供給されることになっている。

(webCG 関)

写真左から、記者会見に臨んだ山田宏(ブリヂストン モータースポーツ第2課長)、秋吉耕祐(ライダー)、脇阪寿一(レーシングドライバー)、二見恭太(ブリヂストン モータースポーツ推進部長)の各氏。
ブリヂストン、SUPER GTの王座奪還に意欲
トークセッションでのひとこま。司会から「レースで勝つために大事なことって何でしょう?」と振られた脇阪選手(写真右から2番目)は、間髪入れずに「タイヤですよ」。会場の笑いを誘った。
ブリヂストン、SUPER GTの王座奪還に意欲
二輪の代表として登壇したのは、写真左の秋吉耕祐選手。今季は全日本ロードレース選手権にエントリー。鈴鹿8時間耐久レースでは、去年に続いて優勝を狙う。「8耐優勝の決め手になったのは、まずブリヂストンのグリップ力。安心して走行できる点も魅力ですね」。
ブリヂストン、SUPER GTの王座奪還に意欲

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。