リファインされた「アウディR8」、日本上陸

2013.03.20 自動車ニュース

リファインされた「アウディR8」、日本上陸

2013年3月19日、アウディジャパンはマイナーチェンジが施された最新型の「R8」を発表した。

仕様が変更された、アウディのスーパースポーツモデル「R8」。その予約受付が1月18日に始まったことは既報のとおりだが、アウディジャパンは今回、モータースポーツ活動の発表にあわせ、実車を報道陣に公開した。

ステージに立った同社の大喜多寛社長は、「新型でお伝えしたいことは3つあります。1つは0-100km/h加速が3.6秒となったこと。2つ目はLEDヘッドランプが採用されたこと。3つ目は7段Sトロニックを採用したことです」と語り、新型の改良点を強調した。
このうち加速性能の向上は「クーペ5.2FSIクワトロ」に関するもの。主に、従来の6段Rトロニックを7段Sトロニックに置き換えた成果だろう(従来は3.9秒)。

大喜多社長が挙げた点以外にも、例えばエクステリアではシングルフレームグリルの形状がやや丸みを帯びた形に改められたほか、フロントバンパー内のエアインテーク形状も見直されるなどして、全体的に柔らかなイメージになった。
インテリアではハイグロスブラックのパーツやアルミパーツを採用して質感の向上に努めたという。

「クーペ5.2FSIクワトロ」に6段MT車が追加された点も、新しい。
なお、価格は予約受付時よりも20万円ずつ下がり、下記のとおりとなった。
アウディジャパンではR8を取り扱うディーラーを当初の8店舗から20店舗へと拡充し、目標とする年間100台の販売を達成する考えだという。

・クーペ4.2FSIクワトロ:1729万円(6MT)/1799万円(7AT)
・クーペ5.2FSIクワトロ:2049万円(6MT)/2119万円(7AT)
・スパイダー5.2FSIクワトロ:2339万円(7AT)

(文と写真=大谷達也/Little Wing)


リファインされた「アウディR8」、日本上陸の画像 拡大
最新型の「アウディR8」(写真はオープンモデルの「スパイダー」)と、アウディジャパン社長の大喜多寛氏。
最新型の「アウディR8」(写真はオープンモデルの「スパイダー」)と、アウディジャパン社長の大喜多寛氏。 拡大

リファインされた「アウディR8」、日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
R8アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> まだ寝静まった早朝の都市を「アウディA5カブリオレ」で行く。ソフトトップを畳むと、頭上に冬の高く青い空が広がった。カブリオレでしか味わえない、心が解き放たれる瞬間だ。A5カブリオレで街を流せば、空がいつもと違って見えてくるだろう。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
ホームへ戻る