スバル初のハイブリッドモデルが登場【ニューヨークショー2013】

2013.03.20 自動車ニュース

【ニューヨークショー2013】 スバル初のハイブリッド車「XV クロストレック ハイブリッド」登場

富士重工業は2013年3月20日、ニューヨーク国際自動車ショー(会期:2013年3月27〜4月7日)の出展概要を発表した。

富士重工業は、2013年のニューヨークショーに、スバル車で初となるハイブリッドカーを出展する。
車名は「スバルXV クロストレック ハイブリッド」。現地、米国仕様車の展示が予定されている。

同社によれば、このほか「パフォーマンスモデルのコンセプトカーも併せて世界初公開する」とのこと。

(webCG)

「スバルXV クロストレック ハイブリッド」
「スバルXV クロストレック ハイブリッド」

関連キーワード:
XVハイブリッドスバルニューヨークモーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2013.8.29 試乗記 スバル独自のハイブリッドシステムを搭載した「XVハイブリッド」。「燃費がイイ」だけでは決して満足しないファンの期待に、スバル初のHVはどう応えたのか?
ホームへ戻る