「マツダ・フレアワゴン」がフルモデルチェンジ

2013.03.18 自動車ニュース
「マツダ・フレアワゴンXS」
「マツダ・フレアワゴンXS」

軽ハイトワゴンの「マツダ・フレアワゴン」がフルモデルチェンジ

マツダは2013年3月18日、ハイトワゴンタイプの軽乗用車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジし、同年4月25日に発売すると発表した。

「フレアワゴンXS」
「フレアワゴンXS」
「フレアワゴンXS」
「フレアワゴンXS」

フレアワゴンは、マツダがスズキからOEM調達する軽ハイトワゴンである。これまでは「スズキ・パレット」の姉妹モデルだったが、同車の販売終了と後継車種「スズキ・スペーシア」の登場に伴い、フレアワゴンもスペーシアの姉妹モデルにフルモデルチェンジすることとなった。

車両そのものはスペーシアとほぼ共通で、室内長はクラストップの2215mmを確保。上級グレードにワンアクションパワースライドドアや後席用ロールサンシェードを採用するなど、装備も充実している。

また、減速エネルギー回生システムやアイドリングストップ機構、蓄冷材によってアイドリングストップ中の室温上昇を抑える「エコクール」などの技術により、FF車は29.0km/リッター、4WD車は26.8km/リッター(ともにJC08モード)という燃費性能を実現している。

価格は、「XG」が126万5250円(4WDは138万2850円)、「XS」が133万3500円(4WDは145万1100円)。自然吸気エンジンとCVTの組み合わせのみで、「スペーシア」にはラインナップされるターボ車の設定はない。

(webCG)

関連キーワード:
フレアワゴンマツダフレア自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売 2012.10.25 自動車ニュース マツダは2012年10月25日、トールワゴンタイプの軽乗用車「マツダ・フレア(Flair)」と「マツダ・フレアカスタムスタイル(Flair Custom Style)」を発売した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表 2017.9.14 自動車ニュース マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表した。国内におけるSUVラインナップの最上級モデルにあたり、パワープラントには190psまで出力を高めた2.2リッターディーゼルエンジンを採用。最上級モデルにふさわしい充実した装備も特徴となっている。
ホームへ戻る