開幕戦オーストラリアGP決勝結果【F1 2013 速報】

2013.03.17 自動車ニュース

【F1 2013 速報】開幕戦オーストラリアGP、ロータス&ライコネンが優勝

F1世界選手権第1戦オーストラリアGP決勝が、2013年3月17日、オーストラリアはメルボルンのアルバートパーク・サーキット(1周5.303km)を58周して行われた。

開幕戦を制したのは、ロータス・ルノー駆る2007年王者、キミ・ライコネン。予選7位からウルトラスムーズな走りでタイヤをいたわり、ライバルより1回少ない2ストップ作戦で、後続に12秒もの差をつけ真っ先にチェッカードフラッグを受けた。昨年11月の第18戦アブダビGPに次ぐ自身通算20勝目は、同郷フィンランドのダブルチャンピオン、ミカ・ハッキネンに並ぶ記録となる。

2位はフェラーリのフェルナンド・アロンソ。5番グリッドから3ストップでライコネンを追ったが力及ばず。しかし、昨年3点差でタイトルを奪われたレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルを出し抜くことには成功した。

今年4連覇を狙うベッテルは3位でゴール。予選ではライバルを圧倒しポールポジションから勝利を目指したが、最終的にアロンソには約10秒ものギャップを築かれ表彰台の最下段におさまった。

スタートで予選4位から2位に躍り出たフェラーリのもう1台、フェリッペ・マッサのマシンは、レースが進むにつれて徐々に順位を落とし結果4位。今年マクラーレンからメルセデスに移籍したルイス・ハミルトンは3番グリッドから5位、フロントローからスタートで失敗、一気にポジションを失ったレッドブルのマーク・ウェバーは6位に終わり、今年も母国で錦を飾れなかった。

昨年シートを得られなかったエイドリアン・スーティルはフォースインディア・メルセデスでGPにカムバック。ライコネンと同様に2ストップ作戦で一時はトップを走り、最終的に7位でフィニッシュした。ポール・ディ・レスタのフォースインディアが続いて8位。もっとも期待はずれに終わったトップチーム、マクラーレン・メルセデスは、ジェンソン・バトンが9位入賞、今年からチームに加わったセルジオ・ペレスは11位とオープニングレースは低調だった。そして10位で完走し最後の1点を手に入れたのは、ロータスのロメ・グロジャンだった。

以下、11位ペレス、12位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)、13位エステバン・グティエレス(ザウバー・フェラーリ)、14位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ・ルノー)、15位ジュール・ビアンキ(マルシャ・コスワース)、16位シャルル・ピック(ケイターハム・ルノー)、17位マックス・チルトン(マルシャ)、18位ギド・バン・デル・ガルデ(ケイターハム)が完走した。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。