【スペック】5008プレミアム:全長×全幅×全高=4530×1840×1645mm/ホイールベース=2725mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/燃費=11.7km/リッター(JC08モード)/価格=300万円(テスト車=同じ)

プジョー5008プレミアム(FF/6AT)/5008シエロ(FF/6AT)【試乗記】

守備範囲の広いやつ 2013.03.17 試乗記 プジョー5008プレミアム(FF/6AT)/5008シエロ(FF/6AT)
……300万円/355万円

プジョーブランドのミニバンとして、日本で初めて販売される「5008」。2グレードの試乗を通じてわかった、走りと乗り心地、そして使い勝手をリポートする。

“ミニバン王国”でいざ勝負

「プジョー5008」は、「シトロエンC4ピカソ」や「プジョー3008」と共通のプラットフォームを使って開発された7シーターだ。2-3-2のシートレイアウトやリアシートの格納の仕組みなどはピカソと共通で、ピカソのプジョー版と言えなくもないが、全体的に、もう少し常識的なデザインで、かつカジュアルな印象。価格もピカソの349万円に対し、エントリーグレードの「プレミアム」で300万円、上級グレードの「シエロ」で330万円と、少し安い。
先日開かれたジュネーブショーで新型C4ピカソが発表されたが、どうやらピカソは少し上級移行するようで、いずれ新型ピカソが日本に導入されても、それほどカニバることはなさそうだ。

インポーターの呼び方にならってカッコよく7シーターと呼んだが、分類上はミニバンだ。
それはそうと、日本市場ほどミニバン比率が高い国は、そうはない。なにしろ軽自動車を除く新車販売台数約300万台のうち、約80万台だ。3.75台に1台。土地が狭くて高いために複数所有が難しく、ユーザーはどうしても大は小を兼ねる的考え方に支配されがち。
そのミニバン大国ニッポンに投入された欧州製ミニバンは過去にも何モデルかあるが、一番成功したのは現在も販売中の「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」だろう。5008はそのゴルフトゥーランに真っ向勝負を挑むサイズと価格で登場した。

現行のプジョー車はおちょぼ口フロントグリルと切れ長のヘッドランプにして統一感を出しているが、5008はヘッドランプこそ切れ長だが、明確なおちょぼ口は見当たらない。そのほか、エクステリアは全体的に要素の少ないすっきりしたデザインに見えて、フロントからリアにかけてだんだんエッジが際立つキャラクターラインなど、随所に仕掛けが隠されている。

インテリアの様子。シャシーを共有する「シトロエンC4ピカソ」と異なり、左右非対称型のインストゥルメントパネルが採用される。
インテリアの様子。シャシーを共有する「シトロエンC4ピカソ」と異なり、左右非対称型のインストゥルメントパネルが採用される。
2列目は独立式の3人掛け。それぞれ130mmのスライド幅で動かすことができる。上級グレードの「シエロ」のみ、大型の「パノラミックガラスルーフ」が与えられる。
2列目は独立式の3人掛け。それぞれ130mmのスライド幅で動かすことができる。上級グレードの「シエロ」のみ、大型の「パノラミックガラスルーフ」が与えられる。
【スペック】5008シエロ:全長×全幅×全高=4530×1840×1645mm/ホイールベース=2725mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/燃費=11.7km/リッター(JC08モード)/価格=330万円(テスト車=355万円/レザーパッケージ<グレージュ>=25万円)
【スペック】5008シエロ:全長×全幅×全高=4530×1840×1645mm/ホイールベース=2725mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/燃費=11.7km/リッター(JC08モード)/価格=330万円(テスト車=355万円/レザーパッケージ<グレージュ>=25万円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。