クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4515×1910×1740mm/ホイールベース=2660mm/車重=1840kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(240ps/5500rpm、34.7kgm/1750rpm)/燃費=9.0km/リッター(JC08モード)/価格=399万円(テスト車=512万3000円)

ランドローバー・フリーランダー2(4WD/6AT)【試乗記】

ダウンサイジングの恩恵 2013.03.19 試乗記 ランドローバー・フリーランダー2(4WD/6AT)
……512万3000円

2リッター直4ターボへとダウンサイジングされたエンジンを搭載し、軽快さを手に入れた「フリーランダー2」。その魅力を味わった。

明らかに洗練された

一見して、すぐにそれと分かるほど大きくイメージを違えているわけではない。けれど、明らかに洗練された感じを漂わせている。それが2013年モデルとなった「フリーランダー2」の第一印象である。

実際、エクステリアの変更はヘッドランプユニットがLEDの“シグネチャーライト”を内蔵した新しいものとなり、フロントグリル周辺がグロスブラックとシルバーの組み合わせとされたこと、テールランプにもやはりLEDが使われたこと程度にすぎない。けれども、それだけでしっかりアップトゥデートな印象を醸し出しているのだから、アイメイクの効果はやはり大きい。もちろん、それももともとの優れたデザインあってこその話なのだが。

インテリアも同様に、基本的なレイアウトは変わってはいないが、スイッチ類が整理されて従来よりもスッキリとまとめられ、洗練の度合いを高めている。機能的な観点からすれば、7インチのナビシステムの画面などは、最近のトレンドからすると、もっと拡大しても良かったのではと思わないではない。しかしながら意匠としてはまったく、無理して変える必要などなかったというわけだ。

ヘッドランプユニット内には新たにLEDのシグネチャーライトが採用された。
ヘッドランプユニット内には新たにLEDのシグネチャーライトが採用された。 拡大
インストゥルメントパネルの意匠も変更され、スッキリと洗練されたデザインとなった。
インストゥルメントパネルの意匠も変更され、スッキリと洗練されたデザインとなった。 拡大
 
ランドローバー・フリーランダー2(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大

クルマがひと回り小さくなったよう

変える必要があったのは、その中身である。実は、こちらこそが今回のマイナーチェンジの目玉。エンジンが従来の直列6気筒3.2リッターから、「レンジローバー イヴォーク」にも使われている直列4気筒2リッター直噴ターボへと刷新されているのである。

最高出力240ps、最大トルク34.7kgmというスペックは、従来より8ps、2.4kgmの向上。一方で燃費はJC08モードで8.0km/リッターから9.0km/リッターへと向上している。まさに最新のダウンサイジングユニットらしい恩恵をもたらしているわけだ。

その走りっぷりは、まさにリフレッシュされたかのような軽やかさ。エンジンレスポンスは小気味よく、アクセル操作に遅れなくトルクが湧き出て車体を軽やかに前に進めてくれる。厳密に言えば、排気量が小さくなった分か、タイヤが転がり出してからブーストがかかるまでのほんの一瞬のラグが気になる瞬間もなくはないのだが、それも強いて言えばの話。そういうものだと思って、ジェントルに乗ってやればいいだけのことである。

そんな動力性能以上に軽快感を醸し出しているのが、そのフットワークだ。今回は市街地や高速道路でしか走らせていないが、従来に比べると特に鼻先の軽さは歴然としていて、それこそ交差点ひとつ曲がるだけでも、まるで分厚いコートを脱ぎ捨てたかのような感覚を味わえる。その素直な旋回感はクルマがひと回り小さくなったようにも感じさせる。実際にスペックを見ると、車両重量は80kgも軽減されているのだから、この感覚にも納得だ。

 
ランドローバー・フリーランダー2(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。従来の3.2リッター直6から8psと2.4kgmアップの240ps、34.7kgmを発生する。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。従来の3.2リッター直6から8psと2.4kgmアップの240ps、34.7kgmを発生する。 拡大
テールランプもデザインが変更され、LEDが採用された。
テールランプもデザインが変更され、LEDが採用された。 拡大
荷室の容量は755リッター。6:4分割可倒式の後席を倒すと1670リッターまで拡大される。(写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます)
荷室の容量は755リッター。6:4分割可倒式の後席を倒すと1670リッターまで拡大される。(写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます) 拡大

輪郭がより明確に

そして、もしかするとこの2013年モデルの一番のトピックと言えるかもしれないのが価格の改定だ。新型フリーランダー2はシングルグレード設定で、価格は399万円。従来はベース車で434万円、上級の「HSE」では584万円という価格を掲げていたのだから、随分思い切ったものだ。イヴォークとのすみ分けも考慮されたのだろうが、いずれにせようれしいニュースであることは確かである。現ユーザーとしては複雑かもしれないけれど……。

個人的にはイヴォークのデビュー以来、そのスタイリッシュな魅力にやられっぱなしだったのだが、あらためてフリーランダー2を見て、実は気持ちが急速にこちらに吸い寄せられている。あくまで都会の匂いがする、ちょっと気負って乗りたいイヴォークに対して、こちらの方が、それこそ郊外の農園と都心を「レンジローバー」で行き来するイギリスのカントリージェントルマン的な優雅さを醸し出せて面白いんじゃないか? なんて、想像が膨らむのだ。

従来モデルの、いかにもストレート6らしい滑らかな吹け上がりも、ぜいたくで捨て難いものだったのは事実。けれども、よい意味での道具感覚をもったフリーランダー2というクルマのキャラクターには、新エンジンの方がよりマッチしているように思う。あるいは、このエンジンを得てフリーランダー2の輪郭が、より明確になったという言い方もできるかもしれない。

フリーランダー2とレンジローバー イヴォーク。ランドローバーの販売店では、ほぼ同じようなセグメントに、2種類のモデルが並ぶわけだが、いやはやこれは案外悩ましい、面白い選択となりそうである。

(文=島下泰久/写真=郡大二郎)

 
ランドローバー・フリーランダー2(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
テスト車にはオプションのレザーシートパック(28万5000円)が装着されていた。
テスト車にはオプションのレザーシートパック(28万5000円)が装着されていた。 拡大
オーディオには英国の音響メーカー、メリディアンの音響システムが採用される。
オーディオには英国の音響メーカー、メリディアンの音響システムが採用される。 拡大
【テスト車のオプション装備】車体色<プレミアムメタリックペイント>=13万円/コールドクライメイトパック=8万円/パノラミックサンルーフ=14万円/レザーシートパック=28万5000円/運転席シートメモリー=7万9000円/プライバシーガラス=4万6000円/テールゲートスポイラー=3万円/Bluetooth携帯電話対応ハンズフリーシステム5万5000円/DVDナビゲーションシステム=17万6000円/キセノンヘッドランプ=7万2000円/グランドブラックインテリアトリムフィニッシャー=4万円
【テスト車のオプション装備】車体色<プレミアムメタリックペイント>=13万円/コールドクライメイトパック=8万円/パノラミックサンルーフ=14万円/レザーシートパック=28万5000円/運転席シートメモリー=7万9000円/プライバシーガラス=4万6000円/テールゲートスポイラー=3万円/Bluetooth携帯電話対応ハンズフリーシステム5万5000円/DVDナビゲーションシステム=17万6000円/キセノンヘッドランプ=7万2000円/グランドブラックインテリアトリムフィニッシャー=4万円 拡大